FC2ブログ

プロフィール

人妻ユカ

ユカ

Author:ユカ

アタシ、松本由香。 生まれた時から、非凡な人生を歩む運命だったんだと思うな。 ユカの人生をすべて知ってる人は誰もいないし、 墓場まで持っていこうと思ってたけど、 誰かに知っておいてほしくなっちゃって。 『オトコの履歴書』と題して、ユカの人生公開します。

最近の記事

最近のコメント

恋愛・エッチ相談

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

リンク

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

RSSフィード

--/--/--  スポンサーサイト


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/01  3回戦のセックス


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
お風呂から上がったホテリと、2戦交えた後だったので、再びビールを飲んで、喉の渇きを潤した。


ソファに座ってビールとタバコで一服。

『たまにはラブホもええなぁ。開放的やわ。』

『うん。声も気にせず出せるしネ。』

『ユカ、声でかいもんなぁ。』

『そぉ?。トシちゃんの部屋でする時は抑えてるつもりなんだけど・・・。』

『えっ?。アレでぇ?。』

『ひっどーい。』

そう言って右手でトシちゃんを叩くフリをすると、その手首をつかまれ引き寄せられ、キスをした。

『3回目するの?。』

『イヤか?。』

『イヤ・・・なワケないじゃん。』

そう言ってユカはトシちゃんの舌に自分の舌を絡めていった。


トシちゃんの指がユカの手を握り、肉棒へと誘導していった。

ユカはソファから降り、膝をついてトシちゃんの肉棒をやさしく両手でしごいた。

さっき浴室でしたばっかりなのに、トシちゃんのソレは瞬く間に太く硬くなっていった。

舌先で亀頭を舐めながら指でタマを下から上にやさしく愛撫すると、更に硬さを増していった。

ユカは、硬いソレをゆっくりと口に含み、クチュクチュと唾液の音をたてながらしゃぶった。

上目使いにトシちゃんの顔を見ると、ソファの背もたれに手を広げてもたれ、目をつむって至福の様子だった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


口の中の肉棒がパンパンになるのを感じ、ユカはそっと口を離して

『ベッドに行こっ。』と誘った。

シーツは、1戦目の名残りで乱れたままだったが、そんなのどーでもよかった。

二人で肌と肌を寄せて唇を重ねた。

1戦目とは違うやさしい愛撫だった。

トシちゃんの指が、ユカの乳房をやさしく揉む。

乳首も舌先でやさしく舐め回された。

気持ちいい・・・。

ユカはその気持ちよさを喘ぎ声で表現した。


トシちゃんの顔が下へと下がっていき、ユカの股間にうずまった。

ユカは、両膝を立てて足を大きく開き、トシちゃんが舐めやすい体勢を取った・・・が、舌先でクリトリスを勃起させられる頃には、膝の力も抜け、両足をまっすぐに伸ばしたまま広げるのがやっとだった。

ユカの愛液は留まるコトを知らないらしく、3戦目にもかかわらず、かなり濡れていたらしい。

『ユカ、めっちゃヌルヌルやで。ユカのSEXはエンドレスやなぁ。』

そう言いながら、トシちゃんは肉棒を挿入してきた。

『あーっ。』

太くて硬いトシちゃんの肉棒を入れられた瞬間の気持ちよさは、3回目も変わりなかった。

『トシちゃんとなら・・・何度でも・・・できるよ・・・』

喘ぎ声を交えながらユカはそう言った。

『上、乗って。』

と言われ騎乗位に。

『ユカ、腰振って。』

振ってはみるものの、気持ちいいトコロに当たると力が抜け、のけぞって後ろに倒れてしまいそうになる。

トシちゃんがユカの腰に手を当てて固定してくれ、その手の誘導もあり、アタシは腰を振り続けた。

何度も何度も気持ちいいと叫びながら・・・。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/02  合コン


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
週明け、トシちゃんに頼まれていた合コンの件を会社の同期の友達に話した。

その友達たちは、アタシがトシちゃんのコトを好きなのを知っていて、でもマトモに付き合ってないコトとかも相談してたので、『ユカがそこまで惚れるオトコを見てみたい』と言われ、微妙に目的は違うが飲み会に行くコトを了承してくれた。


みんなの都合をきき、日にちの候補を上げ、仕事中にトシちゃんに電話した。

『合コンの話やけど、美女5人組おっけーだよ。日にちは・・・』と、2つの候補の日にちを伝え、

『時間と場所はそっちでセッティングよろしくネ。決まったら連絡ちょーだい。』

と言って電話を切った。

合コンは週末の金曜に決定した。


当日の朝、アタシが工場に出勤すると、本社の同期の友達から電話があった。

『サチが会社休んでるみたい。熱が出てぶっ倒れてるらしいわ。』

『えー。じゃ、一人欠員だね。本社で誰か誘ってよ。』

『うん。聞いてはみるけど・・・。』


お昼、4人で打ち合わせも兼ね、ファミレスでランチを食べた。

『どーやった?。誰か見つかった?。』

『目ぼしい子は、もう予定入っててムリやった。お局に声かけてもしゃーないしなぁ・・・。』

『そっかぁ。じゃ、アタシ、取引先の子に聞いてみるわ。気さくないい子がおんねん。』

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


お昼休憩を終え、工場に戻ったアタシは、電子部品メーカーの知り合いの子に電話した。

何度か商品を届けにうちの工場まできて、話も合うし、可愛い子だった。

『佐川さん、今日の夜ヒマ?。』

『うーん・・・ヒマと言えばヒマ。』

『合コンあんねんけど、行けへん?。うちの会社の子、熱出て、一人欠員やねん。』

『行く行くー。』


二つ返事で欠員は補充できた。

しかし、この安易な補充が後からユカを苦しめるコトになるのだが・・・。

合コンは夜19時半に梅田の居酒屋に集合だった。

梅田の駅で佐川さんと待ち合わせ、アタシ達は5人で居酒屋に向かった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/03  嫉妬


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
居酒屋に到着すると、すでにトシちゃんは席についていて、よっちゃんともう一人知らないオトコの人がいた。

アタシに気付くと

『よぉっ。あと2人は仕事でちょっと遅れるって。先に始めといてって言われたわ。』

と言ってきた。

アタシ達は適当に席についた。

ビールで乾杯し、注文した料理が一通り運ばれてきた頃、残りの2人の人も来た。

みんなで自己紹介。

同期の友達のマサミに

『アレがユカを虜にしてるトシちゃんね。母性本能をくすぐるタイプやね。』

と言われ、

『取らんといてやー。』

と、半分冗談・半分本気で小声で言った。


トシちゃんの横には佐川さんが座った。

アタシより2つ下の20歳で、今で言うエロカワ系だ。

アタシは、他の人と話をしながら、目線の先ではトシちゃんを追いかけていた。

トシちゃんと佐川さんの楽しそうな笑い声が耳に入ってくる。

アタシは、周りとの会話など上の空で、トシちゃんの声だけに集中した。

『ほんなら、今度一緒に・・・。』

『うん。約束やでー。』

トシちゃんと佐川さんは何を約束したの?。

佐川さんは、アタシとトシちゃんのコトは知らないし、純粋な合コンと思って参加してるんだから、楽しい時間を過ごしている彼女に罪はない。

けど、アタシは、佐川さんを疎ましく思い、憎悪すら感じた。

『お願い。取らないで・・・。』

心の中で叫んだが、そんな言葉は彼女に届くワケもない。

二人は携帯の番号を交換していた。

アタシは合コンどころじゃなかった。

二人の笑顔・二人の笑い声・・・。それしか見えてなかった。

フツフツと心に嫉妬心が沸き起こった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

『・・・だよねぇ?。ユカはどう思う?。』

不意にマサミに話を振られ

『えっ?。何が?。』

『だからぁ・・・お酒が入るとエッチな気分になるかって。』

『あっ、なるなる。淫乱モードに突入するのよね。』

『ほらっ。マサミだけじゃないでしょ。』

マサミはまた、オトコとの話に戻っていった。


アタシは、これ以上その場に居たくなくて、トイレに逃げた。

鏡に写る自分の顔が、全然可愛くない。

目がつり上がってて、ブスーッとしててヤな感じ。

ユカは鏡に向かって作り笑顔をした。

そうそう。その表情でいなくちゃ。自分のせいで場の雰囲気が壊れたら大変だ。


ユカは平常心を取り戻して、再びテーブルに戻った。

すると、席が微妙に変わっていて、トシちゃんの横に佐川さんは居なかった。

きっと、マサミか誰かが見かねて気をきかせてくれたんだろう。

それとも、携帯番号の交換をした佐川さんが次の番号をGETする為に移動したか・・・。

いずれにしても、地獄の光景は終わった。

アタシは笑顔でみんなとおしゃべりを始めた。


今まで上の空だったので、オトコの人の名前もマトモに覚えてなかったが、向かいに座っていた近藤さんに話しかけられた。

『須藤の知り合いってユカさん?。』

須藤というのは、トシちゃんの苗字だ。

『あっ、はい。』

『彼女じゃなくて、知り合い?。』

『・・・そうです。知り合いです。』

『ユカさん彼氏いるの?。』

『彼氏は居てないけど、好きな人はいます。』

アタシはトシちゃんを見ながら言った。

『そっかぁ。好きな人が居てんのかぁ。』

『マサミとサエコはフリーですよ。たぶん佐川さんも・・・。』

アタシは、全然タイプじゃない近藤さんの気を他にそらせるような会話をした。

『僕はユカさんがタイプなんだけどなぁ。』

『アタシは、実はめっちゃイヤなオンナですよ。こんなのにかかわらない方が身の為です。

それに今日はアタシはお互いを紹介するパイプ役のつもりで来てるので・・・。』


そう言ってユカは自分のパイプ役のピエロぶりを再思考してしまった。

トシちゃんがアタシ以外のオンナとあまりにも楽しく会話するのを目の当たりにして、心が汚い気持ちでいっぱいになったし、悲しかった。

心で泣いて、顔では笑って・・・。とんだピエロだ。


居酒屋の後カラオケに行って、よっちゃんは、どうやらサエコとくっついたらしい。

よっちゃんの目的も叶えられたし、みんなで楽しく騒げたし、アタシの心の落ち込みを除けば、合コンはとりあえず成功に終わった。

サエコとよっちゃんは先に消えていなかったが、残りのみんなが笑顔で解散できてホッとした。

とても疲れたが・・・。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/04  残酷な報告


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
週が開けて、佐川さんに仕事の用事で電話した時、さり気なく聞いてみた。

『金曜はお疲れ。どーやった?。楽しめた?。』

『うん。楽しかった。けっこうレベル高かったし。私、彼氏と別れたトコやから、ちょうどよかったわ。』

『えっ?。もう誰かと付き合うっぽいの?。』

ドキドキしながらアタシが聞くと

『ううん。でも、3人から携帯の番号教えてもらったし、可能性はあるよね。』

『そっか・・・。』


その週の前半は、高田さんの香港のお友達(ユカが香港に行った時に会った金さん)が来日したので、ユカも同席しての食事が予定に入っていたり、後半は会社の新製品の出荷の為、残業の日々だったり・・・で、トシちゃんともちゃんとした電話のできない1週間だった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

だから、あの話も事後報告だった。

翌週のコトだ。

その話は、佐川さんから会社に電話があって聞かされた。

『土曜日、トシちゃんと会ってん。』

『えっ?。・・・あ、そーなんやぁ。』

『友達が同棲するからって引越ししたから、引越しパーティがあってさぁ。でも東大阪やったから、遠いし、どーしよっかなぁってトシちゃんに言うたら、ヒマやから車で送ってったるって言われて。それなら一緒にパーティに行こってコトになってね。』

『へーえ・・・。』

ユカはそう相づちを打つのが精一杯だった。

『で、トシちゃん、車で行ってんのに、酔っ払って。帰り、思いっきり飲酒運転やったわ。途中、

“休憩して帰りたい”って言われたけど、ソレって・・ねえ・・。会って2回目やし・・・。“事故ってもええから運転しろ”って言って家まで送らせた。マジ、無事帰れてよかったよ。』


そんなコトがあったんだ・・・。

ショックだった。

けど、トシちゃんはアタシの彼氏ではないから、誰と遊ぼうと誰と寝ようとアタシに責める権利はない。

だけど・・・何も知らない佐川さんがアタシに報告してくる内容は、アタシにとってはとても残酷な報告だった。


アタシはトシちゃんが好き。

好きな人が幸せになることはアタシの喜びだ。

アタシといるより、佐川さんと居る方が幸せなのなら、アタシは身を引ける。

でも・・・つまみ食いだとしたら・・・それだったら、ユカの知り合いに手を出すのは、ひどすぎる。


一人で考えていても、答えの出る問題ではなかった。

トシちゃんに『佐川さんとは本気?遊び?』と聞く勇気もなかった。


このままじゃ、二人は付き合っちゃうかも・・・。

焦ったユカは、どうすればいいかを考えた。

そこである方法をひらめいた。

この苦肉の策とも言えるひらめきのせいで、佐川さんの人生を決めてしまったと言っても過言ではないだろう。

未だに佐川さんにはこの事実は告白していないけど・・・。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/05  天使の顔を装う悪魔


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
昨日は、ユカのブログに訪問して下さった方が1000人超えてましたぁ(~o~)。

初めてだったので、とても嬉しかったです。

来てくださった皆さん、ありがとうございます。

きっと、何かの拍子でここにたどり着いた通りすがりの人もいたと思いますが、たくさんの人に訪問されると、がんばろっ!って気持ちになります。

日記を読んで、感じるコトは様々だと思いますが、ランキングのクリックを押してもらえればもっと励みになり嬉しいです。

よろしくお願いしまーす。

では、今日の日記、読んでください。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

人妻の本心ブログ

アタシが考えた苦肉の策とは、佐川さんにオトコを紹介するコトだった。

アタシの高校の時の同級生が、偶然にも佐川さんの家の近所に住んでいて、その同級生は遠距離恋愛に疲れ彼女と別れたばかりだった。


先日もお盆の同窓会の話で電話があった時、

『誰か紹介してーやー。』

って言われた。

けっこう男前のイケメンだ。

さっそくその友達に電話して

『めっちゃ可愛い子、紹介してあげるよ。家も近所やで。』

とその気にさせ、翌日、佐川さんにも話を持ちかけた。

佐川さんは合コンの時と同じく二つ返事でOK。

お互いの携帯番号を教えて、後は本人達に任せた。


結果、その半年後に二人は結婚。

同級生の友達が佐川さんに一目惚れして、初めて会った日にプロポーズしたらしい・・・。

フェチ・マニア専用「地下10階」

ユカの実家と同級生の友達の実家は車で10分くらいなので、今でもお盆には帰省先の海やプールで偶然会ったり・・・。

共通の友達と一緒にバーベキューをしたり・・・。

もし、合コンに佐川さんを誘わなかったら・・・。

もし、合コンで佐川さんがトシちゃんの横に座らなかったら・・・。

もし、二人でパーティに行った話を聞かされなかったら・・・。


二人を結び付けた恋のキューピットは、実は嫉妬に狂った悪魔でした。


人の人生なんて・・・わかんないモノだなぁ・・・。


話は前後するが、佐川さんとトシちゃんは、1回会ったっきりで終わった。

トシちゃんは佐川さんにまた誘いの電話をしてきたらしいが、佐川さんは

『彼氏ができたから・・』と断ったらしい。

ホッとした。

アタシの苦肉の策が成功した。

でも、いつまでもこんな裏工作が通用するワケもなく、トシちゃんを束縛できる権利もなかった。



愛している人を幸せにできるのは自分じゃない・・・。

私は元彼女と顔が似てるから代用されてるだけ・・・。

認めたくない事実から逃げてばかりだったけど、この事実を受け止めた上でトシちゃんと会うようにしようと思った。


アタシの愛が冷めるコトはないけど、自分自身が暴走しないようにしようと思った。

暴走してしまったら、アタシには“悲しみ”という終点しか待ってないのだから・・・
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

2008/02/06  思わぬWブッキング


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
佐川さんにフラれたトシちゃんは、アタシのトコロに戻ってきた。

8月のお盆過ぎの日曜日の朝、電話がかかってきた。

『ええ天気やなぁ。何してんの?。』

『洗濯してお布団干したトコ。』

『今日の予定は?。』

『別にないけど。』

『プール行けへん?。』

『えっ?。』

『最近、バイクも乗ってないし、宝塚まで飛ばしたいなぁと思って。ついでにプール入ろ。』

『急なお誘いやね。水着、どこに片付けてるかなぁ・・・。』

そんな私の言葉など聞こえてないかのように次の質問をされた。

『何時に待ち合わせる?。』

『・・・じゃあ、10時に。』

そう言って電話を切り、アタシは大急ぎで水着を探して、出かける用意をした。


10時前に待ち合わせ場所に行くと、トシちゃんは到着していて、メットを渡された。

後ろにまたがり、トシちゃんの腰に手を回してしがみついた。

ジリジリと真夏の太陽が腕に差込み痛いくらいだったが、太陽の下で風を切りながらトシちゃんと密着できるというシチュエーションはとても嬉しかった。


プールに着くと、夏休みの日曜というコトもあり、すごい人だった。

ユカは、気持ちに素直に大はしゃぎだった。

プールの中でトシちゃんの背中にくっついて、一緒に居れる時間と空間を楽しんだ。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ



明るい笑い声を立てながら笑顔でいるユカだったが、次の瞬間笑顔が消えた。

視線の先に高田さんを発見してしまったのだ。

自分の目を疑ったが何度見てもアレは高田さんだ。

かなり距離は離れていて、プールサイドに居た。奥さんと子供と一緒だ。

夏休みだし、家族サービスだろう。

でも、こんな偶然・・・。なぜこのプールに?。

プールなら他にもたくさん・・・。


幸い、高田さんはさっき到着したトコロらしく、子供もまだ水着には着替えていなかった。

小6と小4の男の子と聞いていたが、高田さんによく似ている。

奥さんは、白のサマーワンピ風の服に日傘を差していた。

気品のある、けっこうキレイな人だった。


ユカはトシちゃんの背面に居たので、ひきつった顔は気付かれなかったが、

『どないしたん?。急に静かになって。』

と振り向かれた。

ユカは精一杯の作り笑顔で

『なんでもないよ。』

と言ったが

『顔色悪くない?。』

と言われ

『うん。ちょっとしんどいかな。』

と、体調不良のせいにした。


ヤバイ。絶対にヤバイ・・・。

トシちゃんの背中にくっつくようにして顔を隠しながら、ユカはどうしたらいいかを考えた。

トシちゃんの耳元で囁いた。

『トシちゃん、くっついてたら、エッチしたくなっちゃった。』

『ここでか?。しゃーないなぁ。』

そう言って、ユカの太腿を触り始めたので、

『ここじゃなくて・・・ホ・テ・ル行きたぁーい。今すぐ。』

と甘く囁いた。

『さっき来たトコやん。もーちょっと居よーや。』

『天気よ過ぎて、太陽光線にやられちゃうよ。ねぇ、行こーよー。』

オンナに背後から抱きつかれて耳元でホテルに誘われて、断るオトコは少ないだろう。

『しゃーないなぁ。ユカがそんなにしたいんなら、行こか。』

また、ウソをついてしまった。

でも、ここはウソをついてでも脱出しなければいけないトコロだ。

神様も大目に見てくれるだろう。


顔を隠すようにプールから上がり、更衣室に逃げ込んで、高田さんに気付かれずにプールを後にするコトができた。


バイクの後ろでトシちゃんにしがみつきながら、脱出成功に安堵した。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

2008/02/07  プール付きラブホ


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
宝塚からバイクを飛ばし、大阪市内まで戻った。

信号待ちで停まった時、トシちゃんはアタシの膝を触りながら聞いてきた。

『どこにする?。』

『えっ?。何が?。』

『ホテルやん。』

『あっ・・・どこでもいいよ。トシちゃんの入りたいトコロにしよ。』


忘れていた・・・。そーいえば、アタシから誘ったんだ・・・。


ホテルに入って部屋のパネルを見ると、プール付きの部屋があった。

『ここで泳ぎ直ししよか。』

『はぁ?。そんなに泳ぎたいの?。何もラブホ来て泳がなくても・・・。』

『だって、オレはもっとプールに居たかったのに、ユカがホテル行きたいって言うたんやん。』

『そーでございましたぁ。はい。ここにしましょう。』

アタシは、体調を理由にウソをついてプールを引き上げた罪悪感もあり、プール付きの部屋のパネルボタンを率先して押した。


部屋に入り、ソファに座って一服していると、部屋の向こうからトシちゃんの声だ。

『ユカ、けっこう広いで、プール。』

そう言いながら部屋に戻ってくると

『さっきのビキニ着てプール入ってや。』

と言われた。

『えー。あの水着は濡れてて冷たいじゃん。』

『プール入ったらすぐ濡れるんやし、ガマンせーや。』

ガマンしてまで入りたくもなかったが、なんせ、理由はどうあれ『プールから帰りたい。ホテルに行きたい・・・』と誘ったのはアタシだ。

自分で蒔いた種は自分で・・・。


プールを覗くと、まぁまぁ広く、ガラスの天井から光が差し込んでいた。

その真夏の太陽光線に暖められたせいか水は生温く、冷めたお風呂くらい。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


プールサイドから足だけ浸けていたユカの側にトシちゃんがやってきて、足を引っ張って水中に入れようとした。

『やだぁ。怖いよ。やめてよ。』

『じゃあ、入ってきーや。』

『うん。』

ユカはプールサイドに置いてあった浮き輪をつけてプールの中に入った。

すると、トシちゃんがいきなり潜ってユカのビキニのパンティをずらそうとしてきた。

泳ぎ直しって・・・こーいうコト?。

アタシは動きにくい水中を走って逃げたが、所詮ラブホのプールで大きさはしれている。

すぐプールサイドに行き着き、逃げ場がなくなった。

トシちゃんも息が苦しくなったのか水面に上がってきた。

『急にびっくりするわぁ。泳ぐんじゃなかったん?。』

『さっきプールで“エッチしたい”って言われた時、ホンマにアソコでやろうかと思ったわ。

だから、ここですんねん。』

『へぇー・・・。でも、いきなりビキニずらすなんてチカンじゃん。』

『チカンでもヤカンでもけっこう。』

そう言うとトシちゃんは、ユカの浮き輪を外してビキニのブラの上から乳房を揉んできた。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

2008/02/08  異空間でのSEX


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
プールサイドの方に身体を向けられ、背中のビキニのヒモをほどかれた。

後ろから、両手で乳房を揉まれる。

うなじや耳を舌で舐め回されると、だんだんと気持ちよくなり目を閉じた。

水面と身体の摩擦音がチャプチャプと聞こえる。

背後ではトシちゃんの息がだんだんと荒くなっていく。


トシちゃんの方にクルッと向きを変えられ、唇と唇が重なる。

ユカは、トシちゃんの背中に両手を回し、ギュッと抱きしめた。

指先で背中をツーッとなぞり、おしりの辺まで指を這わすと、アタシに密着していたトシちゃんの肉棒が反応したのがわかった。

トシちゃんはユカの腰を持ち、イッキに持ち上げて、プールサイドに座らせた。

太腿までずらされていたビキニのパンティを脱がし、両手で大きく股を開き、アタシの秘部に顔をうずめてきた。

『あ・・・ちょっと・・・待って・・・。』

天井のガラス越しに差し込む太陽のせいで、外でSEXしてるみたいだった。

明るすぎる空間で、トシちゃんにマジマジと自分の秘部を覗かれると恥ずかしくなった。

アタシはおしりを後ろにずらし、後ずさりした。

『アカンで。逃げたら。ちゃんと見せてや。』

そう言い、足を引っ張られ、膝をたてる形で股を開かれた。

トシちゃんの指がユカのクリトリスを攻める。

『あっ・・・。』

ユカは両手を後ろにつき、のけぞる形で自分の体重を支えた。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


水面に反射する太陽の光が、キラキラと輝いているのが目に入った。

キレイだな・・・。漠然とそう思いながら、快感に陶酔する為に目を閉じた。


アタシの秘部を十分に濡らしたトシちゃんの指は、アタシの腰を引き寄せ、ユカはプールの中に浸かった。


唇を重ねながら、舌を絡めあう。

右手をトシちゃんの肉棒に誘導され、水中でやさしくしごいた。

水中のせいか、トシちゃんのタマはいつもよりやわらかく、余計に肉棒の硬さが目立った。


立ったままプールの中でバックからの挿入。

『あっ・・・。』

身体中に快感が走る。

激しく波打つ水面にユカの髪は雫が垂れるほど濡れてしまった。

何度も何度も後ろから突かれて、ユカは、足の力が抜けそうになったが、プールサイドにしがみついて体勢を保った。

『あーん・・気持ち・・いい。』

太陽の下、誰もいないプールでのSEXは、二人だけの異空間のようだった。

このまま時が止まったら・・・。

そんなユカの幻想とはウラハラに、トシちゃんの『うっ』という短い声の後、肉棒はユカから抜け、水中に白い液が泳いでいた。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/09  愛しているフリ


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
翌日、高田さんに会った。

高田さんの腕や顔は、赤黒く日焼けしていた。

『えらい焼けてるね。どっか行ったの?。』

白々しくユカは聞いた。

『子供にせがまれてプール行かされてん。』

『そーなんだ。楽しかった?。家族で行ったの?。』

『子供とオレで行った。人がいっぱいで、あんなんプールちゃうわ。やっぱり海外の、人のおれへん海がええなぁ。』

『じゃあ、行こうよ。』


奥さんと一緒だったコトを言わなかった高田さんに半分いじわるでそう言った。

『ええよ。仕事あるから2泊が限度やけど。』

そう答えが帰ってくるとは思ってもなかった。

『えっ?。冗談だよぉ。』

『ユカとゆっくり旅行したいと思っててん。行けへん?。』

『うーん・・・。そーだね・・・。』

ゆっくり旅行というコトは、高田さんとずーっと一緒だ。

キライじゃないけど・・・イヤじゃないけど・・・そんな長時間、高田さんと居られるだろうか?。

ほとんど毎日会ってると言っても、1日数時間だ。

いつも高田さんが帰った後はホッとする。

なんて言うんだろ・・・愛人にはなれるけど、一緒に生活はしたくないのが正直な気持ちだった。

だから、奥さんに嫉妬心も湧かなかったし、“いいトコだけお借りしてますぅ”って感じでいた。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


アタシは、愛人として、高田さんの気持ちを受け入れて、高田さんを愛そうと努力している。

けど、やはり愛せる人は一人だ。

トシちゃんだけだ。

高田さんとは、擬似恋愛というか、愛しているフリをしているだけだった。

もちろん、キライではない。

尊敬もしてるし、感謝もしてる。

だから、長時間一緒にいて、冷めたくなかった。

窮屈な気持ちになっても旅行先から一人で帰るに帰れない。

『先月香港行った時、有給使っちゃったし、また2泊となると会社休まなアカンしなぁ・・・。』

そう言葉をにごした。

この人はアタシにかけるお金は惜しくないのだろうか・・・。

どう思って簡単に海外旅行を提案してくるんだろう。

ユカの心は複雑だった。


SEXするコト自体は、自分の中で割り切りができている。

アタシは、高田さんとの時間は、ごはんを食べて飲みにいってSEXをしてお金をもらう・・というパターン以外は遠慮したかった。

そう・・・すべてはトシちゃんの為だったから。
いや、トシちゃんと付き合う為のアタシの為だったから。

身体を求められるのは平気でも、心を求められるととまどった。

でも、愛しているフリ・・・。

心にも思ってないコトを言って、またウソを増やす。

高田さんのコトを愛せたら、どんなにラクだろうと思った。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/10  テリトリー外


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
その翌日は、高田さんと、ユカのお気に入りの懐石料理屋で食事をした。

座敷に通され席に座ると、高田さんはカバンから5~6冊のパンフレットを取り出してユカの前に置いた。

『知り合いの代理店のヤツに持ってこさせてん。近場のリゾート地のパンフや。』

見ると、サイパンやグアム、モルディブなど、青い海と白い砂浜が表紙のパンフだった。

高田さんは、もう行く気で話を進めてるんだ・・・。

昨日からの複雑な心境が蘇り、なかなかパンフに手が出ない。

タバコケースからタバコを1本ゆっくりと取り出し、火をつけてゆっくりと息を吐いた。

そんなユカの気持ちを知る由もない高田さんは

『遠慮せんでええよ。ユカの行きたい所にしよ。』

と言った。

今更、断れないよねー・・・

灰皿にタバコを置き、パンフをパラパラとめくると、白い壁のステキなホテルが目に留まった。

プーケット島のパンフだった。

『このホテルに泊まりたい。』

『プーケットかぁ。オレも行ったコトないわ。よし、ソコに決まりや。』

『でも、いつお休みが取れるか・・・。土日入れてもいいの?。』

『ユカが会社休みづらいんやったら、入れてもかめへんよ。』

そこまで言われたら、断る理由が見つからない・・・。

『わかった。じゃあ、9月の中旬くらいなら、会社も出荷終わってるから、それ以降で。』

結局、高田さんのペースに乗ってしまい、行き先も日程も優柔不断な決め方で話は進んだ。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

運ばれてきた料理を食べながら、結婚について話をした。

『高田さんは何で結婚したの?。』

『何で?って・・・。何でやろなぁ?。付き合ってた女とそーいう風になったからかな。』

ユカが“奥さんと離婚して”とでも言うのかと勘違いしたのか、やけに曖昧な答えだった。

『アタシは、結婚願望がないんだぁ。
水商売のお店を持つのがアタシの夢だったけど、今はソレもなくなってる。
最近親がうるさくてね。“結婚して早く孫の顔を見せてくれ”って。
結婚って、人生のスタートなの?。ゴールなの?。』

『スタートでもゴールでもないよ。人生の通過点や。』

『ふーん・・・。アタシは他人と一緒に暮らすなんて、たぶん耐えれないよ。』

『ハハハ、ユカは自由気ままな一人暮らしが似合ってるな。』

『恋愛と結婚って別だと思う?。』

『せやなぁ。好きで結婚した相手でも、何十年も生活を共にしてたら、恋愛感情はなくなっていくと思う。家族愛に変わるんや。』

『家族愛?。アタシはいらないな。』

『ユカもそのうち結婚したらわかる時がくるよ。』

『そーかもね。アタシは高田さんの家族に嫉妬とかしてないからね。
高田さんの家族愛なんて、アタシのテリトリー外だし。』

『若いのに、悟りきったオンナやなぁ。』

『だてに愛人やってませんので。』

笑いながらユカは言った。



今現在、アタシは人妻で“家族愛”の意味も重要性も理解したつもりだ。

だけど、私的に言わせれば、家族愛と自分の中の“オンナ”
は反比例する。

自分が主婦である時間は、オンナを意識はできない。

このコトについては、現在の日記までたどり着いた時に詳しく書きます。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/11  結婚願望


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
9月に入って、杉本課長と会社の帰り、食事に行った。

アタシは、先日、高田さんに質問したコトと同じコトを杉本課長に聞いてみた。

『課長はなんで奥さんと結婚したの?。』

『えっ?。』

『別に意味はないんだけど、アタシには未知の世界だから、経験者の意見を参考にしたいなと思って。


『鈴木、結婚すんの?。』

『ハハハ、しないよ。相手もいないし。』

『オマエ、彼氏おれへんの?。』

『うーん・・・。ノーコメントで・・・。』

『せやなぁ・・・結婚なぁ・・・。オレは嫁さんとは高校の時から付き合っててん。
で、結婚するならコイツしか・・と思って、19の時に向こうの家に“結婚させて下さい”って行った。
でも、若いってコトを理由に却下されたけどな。で、22でやっと承諾もらって結婚してん。』

『へぇー・・。課長って意外と一途でマジメだったんですね。』

『“意外と”は余計や。』

『結婚するまでは浮気は?。』

『そんなんあったに決まってるやん。』

『決まってるんだぁ。』

『遊ぶオンナと結婚するオンナは別や。結婚するってコトは、オトコとしてコイツを一生守っていこうと思うコトやからな。』

なんか、その一言がグサッときた。

“一生守る”なんてスケールの大きいコト、アタシの中には存在してなかったから・・・。

アタシは先のコトなんて考えず、今を楽しむコトばかり考えていた。

『課長にとって、結婚は人生のスタートだった?。ゴールだった?。』

『第2章かな。それまでは自分の好きなように生きてたけど、第2章に入ってからは、生活も変わるし、一応考えて行動するようになったわ。なんせ、一家の主やからな。』

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

『責任感ってコト?。』

『そんなに強制的なモンじゃなくて、自然に湧き上がってくる使命感みたいなモンかなぁ。』

『で、今は?。今も奥さんに恋愛感情はあるの?。』

『恋愛感情?。うーん・・ソレは家族愛に変わったかな。』

出た・・・。またまた“家族愛”。

『昔は好きでSEXしてたけど、今は心のつながりを確認するっていうか・・・性欲とは別の次元で嫁を抱いてる。まっ、オレの場合、性欲は外で満たされてるからなぁ。』

『家族愛で抱いてるってコト?。ソレって奥さん可愛そう。』

『なんでやねん。抱いてるコトに代わりないし、どんな愛で抱いても愛やからええねん。』

課長としゃべってると、軽い考えのワリに妙に納得させられる。

『でも・・・アタシはいつまでもオンナでいたいな。』

『ソレは鈴木がまだ若いからや。そのうち、結婚して子供でも産んだら、オンナ捨てて子育てせなアカンなるわ。』

アタシの周りのオトナの女は、独身の飲み屋のママが多く、40歳過ぎてもオンナの色気と艶やかさを保っていた。

だから、漠然とアタシもその路線でいきたいと思っていた。

いつまでも、キレイなオンナでいたいと・・・。

でも、ソレは心の潤いナシでは無理なのカモ・・・って最近思いはじめていた。


大学時代に出会ったヒロトと結婚の約束をしたが、向こうのお母さんとのコトもあり、ヒロトと別れた後は結婚なんて・・・と思ってきた。

しかし、いくら“今”が楽しくても、ユカの心は満たされてなかったし、結婚すれば満たされるのカモ・・・と思ったりした。

この頃から、ユカは少しずつ結婚願望が芽生え始める。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/12  プライベート旅行


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
いよいよ高田さんとの旅行の日がやってきた。

朝、高田さんがユカのマンションまで迎えにきて、コーヒーを飲んだ後、二人で空港に向かった。

お昼前の飛行機だったので、ゆっくりできた。

最近は、いろんなコトを考えて気分が滅入っていたので、この旅行では思い切り楽しんでリフレッシュしようと思った。

バンコクを経由して、飛行機を乗り換えしばらくすると、眼下に青い海が見えた。

青というより、スカイブルー。

色だけで心が癒されるなんて予想もしてなかったので、ユカの心は着陸前から序々に弾んでいった。

ホテルまでは空港からタクシーで1時間弱かかった。

ホテルに着いたのは夕方だった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


部屋に入って驚いた。

広い・・・。ベッドルームが2つある・・・。

『こんなに豪華な部屋でなくてよかったのに。ベッドが2つあるってコトは別々の部屋で寝ろってコトかなぁ?。』

いたずらっぽくアタシがそう言うと

『せっかく泊まるねんから、広い部屋でゆっくりした方がええと思って。』

そうマジメに答えられた。


ホテルの目の前がビーチだったので、着替えてカフェでコーヒーを飲んだ後、二人でビーチを散歩した。

すでに夕日が落ちてしまっていたので、色で海を楽しむコトはできなかったが、夕方のスコール後の乾いた爽やかな風がアタシの心を癒した。

砂浜を歩いていたアタシの手に、高田さんの手が絡んできた。

二人で手をつないで砂浜に置いてあったベンチに腰をかけた。

『何年ぶりやろ。仕事抜きで旅行するなんて。』

『家族旅行は?。』

『あっ、ソレはあるけど・・・そーいう意味じゃなくて、ホンマのプライベート旅行のコトや。』

『プライベート旅行・・・か。』

言葉の意味の奥深さにちょっとテンションが下がりかけたが、この2泊3日は、アタシの最大限で高田さんを愛そうと決めていたので、すぐに気持ちを回復させた。

『飛行機から見た海の色、めっちゃキレイだったよね。明日晴れたら、またあの色が見れるね。』

そう言って、つないでいた手に力を込めた。


ホテル内のレストランで夕食をとった。

メニューはすべて高田さんにお任せで、ユカは白のワインだけリクエストした。

運ばれてきた料理はどれもおいしく、高田さんの選んでくれたワインも甘くてまろやかだった。

『このお肉、めっちゃおいしいよー。』

『このパスタもさいこぉー。』

いつもの食事タイムより口数の多いユカに、高田さんもニコニコしながらユカを見つめていた。

きっと“ユカは旅行が楽しくてはしゃいでる”と思っているのだろう。

アタシは、高田さんが費用を払ってくれたこの旅行に楽しい思い出を作りたくて、高田さんを愛そうと必死だった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/13  ブルーデヴィル


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
食事の後、プールサイドにあるバーに行った。

メニューを見ると、ブルーデヴィルがあった。

かなり度数がキツめとわかっていだが、今日は酔った方がこの後の高田さんとの時間を気持ちよく過ごせそうだったし、飛行機から見たあのブルーを思い出して、ソレを注文した。

出されたカクテルはメニューの写真よりも澄んだブルーだった。

『Thank you. It’s a beautiful color.』

手渡されたカクテルを受け取りながら、ボーイさんにそう言うと、何やら英語で話しかけられた。

高田さんの通訳によると、日本では、海や空のイメージで清々しさを連想させる青も、
欧米などでは憂鬱を連想させる、あまり印象のよくない色のようだ。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

憂鬱か・・・。今のアタシにびったりだ・・・。

『だからデヴィルって付いてるんだね。』

そう言うと、ユカは、その憂鬱と名の付く青い液体を口に運んだ。

さすがにブルーデヴィルのおかわりはキツく、2杯目からは果汁にリキュールを加えた度数の軽めのカクテルを頼んだ。

4~5杯飲んだ後、バーを後にし、背後に広がるビーチに立ち寄った。

夜の海風が火照った頬に心地よく当たる。

『あー、酔っ払っちゃった。食事はおいしいし、お酒もおいしいし、酔ったら海で酔い覚ましなんて最高。高田さん、連れてきてくれてありがとう。』

『ユカがそんなに喜んでくれるなんて嬉しいよ。』

『着いて数時間でこんなに喜んでんねんから、明日はもっと喜び倍増しちゃうよ。』

『じゃあ、部屋に帰ってユカの身体も喜ばせてあげななぁ。』

そう来たか・・・。

結局・・・ソレだよね・・・。

『うん。いっぱい感じていっぱい喜びたーい。いっぱい愛してね。』

心とはウラハラにそんなセリフがスラッと出てくる自分にゾッとした。


二人で部屋に戻り、シャワーを浴びた。

バスローブに着替えたユカは、ベッドに横になって本を読んでいた高田さんの横に滑り込んだ。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/14  アイマスク


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
ユカがベッドに入ると、高田さんは読んでいた本を閉じ、ギュッとユカを抱きしめ、激しく唇を重ねてきた。

ふと、今から始まるSEXを思うと憂鬱になったが、日本から遠く離れた、海のキレイなこの島ではそんなコトは考えないでおいた方が得策だ。

考えたって、今この瞬間の現状は何も変わらない。

『ユカ、飛行機でええモン見つけたから持ってきたで。』

急にユカの目の前が暗くなった。

アイマスクをはめられた。

普段はフツウのSEXの高田さんも、旅行先ではSの血が騒ぐらしい。

予想通り、腕を後ろに縛られた。

感触からして、たぶんバスローブのヒモだ。

どこを触られるかわからないドキドキ感。

触れるか触れないかのタッチで、太腿をスーッとなぞられたり、乳房に触られたりした。

視界を奪われてる分聴覚を研ぎ澄ますが、次の攻撃が読めず、悶々としてくる。

『高田さん、これイヤだ。取って。』

『なんで?。』

『見えないんだもん。』

『ソレがええねん。』

アタシの意見は軽く却下された。


『ユカ、立とうか。』

そう言うと高田さんはユカをベッドから降ろし、カーペットの上に立たせた。

立つと、前から触られるのか後ろから触られるのかさえもわからなくなり、余計に悶々とする。

高田さんはそんなユカの気持ちを見透かしたかのように、わざと音を立てないで背中や首筋、足の付け根や乳房など、あらゆるトコロを触ってきた。

ユカはじっとしていられなくなり、その場にへたりこむ。

『ユカ、立って。』

『無理・・・。』

高田さんの手がユカの肩に触れ、立たされた。そして数歩歩いてソファに座らされた。

乳房を愛撫され、いきなり舌で乳首を舐められると、見えてない分興奮してきた。

『あっ・・・』

『感じてきた?。』

『うん・・・。』

次は何をされるのか予想がつかない分、愛撫された時の気持ちよさが倍増した。

もう片方の乳首も、高田さんの舌が触れた瞬間にピンと立つほど感じた。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


ソファに横に倒され、ソファの背もたれに片足を乗せられたので、クリトリスを愛撫されると思っていたアタシの予想は外れ、高田さんはソファに寝そべったアタシの乳房を執拗に舌で舐め回してきた。

見えないというコトはもどかしい。

しかし、そのもどかしさが快感に変わり、感度が増してしまうアタシはやはりMなんだろう。


秘部に集中しかけた感覚を乳房に集中させていると、いきなり高田さんの指がユカのクリトリスを攻める。

ユカは思わずビクンとのけぞった。

大きく足を開いたユカの秘部に、高田さんの指が入っていく。

『あぁーん・・・。』

とろけそうだった。

クチャクチュといやらしい音をたてながら、ユカの膣は喜び、潤っていった。


ユカは抱きかかえられてベッドに戻され、高田さんの肉棒がユカの中に入ってきた。

高田さんが腰を振る度、後ろ手に縛られた腕が痛かったので、

『上に乗っていい?。』

と言って騎乗位になった。

やっとアイマスクを取ってもらい、視界が自由になった。

快感に任せ、腰を振る。

『ユカ、身体も喜んでるね。』

『うん。気持ちいいよ。あっ・・・ここ。ここが気持ちいいの。』

アタシは一番感じる部分に高田さんの肉棒が当たるように腰を動かした。

しかしこの体勢では外出しができないので、バックから突かれた。

ユカの演技の始まりだ。

『あーん・・・イク・・・イクー。』

その声に合わせて高田さんは肉棒は抜き、ユカのおしりに白い液をかけた。

愛人の夜のお勤め終了・・・。


『明日晴れるといいね。』

そう言ってユカは高田さんの腕枕で眠りについた。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/15  ハードスケジュールの理由


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
翌日・・・。ユカの願いが通じたのか、快晴だった。

この日はスピードボートでランヤイ島に渡り、マリンスポーツを楽しんだ。

ランヤイ島は真珠の養殖地らしく、ピアスとネックレスを買ってもらった。

夕方、スコールの中ホテルに戻り、デイナークルーズに参加した。

少々ハードスケジュールだったが、せっかく来たんだから・・・と高田さんがクルーズに申し込んだ。

せっかくなので、サマードレスに着替え、真珠のピアスとネックレスをはめてみた。

『Tシャツにジーパンじゃ映えないかなと思って、ドレスアップしてみたんだ。』

『よく似合ってるよ。』

セーリングクルーズだったので、夕食は軽食だったけど、美しい海の上でスコールが去った後の澄み切った空気を吸い込むと、心が浄化される気分になった。

その日はさすがにクタクタで、ホテルに帰ってシャワーを浴びた後、翌日も早起きしなければいけないコトもあり、二人ともSEXする気にさえなれず、爆睡だった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ

最終日の朝・・・。

この日の午前中はゴルフのコースを回った。
とてもいいグリーンで、カートを借りて回ったので、あまりゴルフが得意でないユカでも、なんとか楽しく回るコトができた。

コースを制覇し、スパに入った後、ホテルに戻り荷物を持って空港へ・・・。


タクシーの中で疲れがドッと出た。

『すっごい充実した旅行だったけど、スケジュールがハード過ぎたカモね。』

『せやなー。もう1泊できたら、少しはくつろぐ時間もあったのにな。コレでもオレ、ユカが退屈せーへへんよーにがんばってんけど。』

『退屈する時間なんてどこにあった?。めっちゃ楽しかったよ。』

実際、旅行に行く前の不安は、いらぬ心配だった。

高田さんと2泊ずっと一緒でも、気持ちは冷めなかったし、帰りたいとも思わなかった。

アタシは高田さんの気持ちに応えられたのだろうか?。

アタシは上手に高田さんを愛せたのだろうか?。

お互い、楽しい思い出の残るプライベート旅行になったのだろうか?。

もしかしたら高田さんは、ユカの不安な気持ちに気づいてこんなハードスケジュールにしたのだろうか・・・?。

そう思った時、ユカは高田さんを愛しいと思った。


ユカは横に座っている高田さんに手を伸ばし、そっと指と指を絡めて手をつないだ。

高田さんの肩に自分の顔を寄せ

『ありがと。』

と囁いた。

二人は空港までのタクシーの中、ずっと寄り添ったままだった。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/16  幸せへのレール


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
プーケットでは、高田さんとずっと一緒だったので、トシちゃんへのおみやげは買えなかった。

会社の友達にはかわいいキーホルダーを買ったが、トシちゃんにそんなモノをあげても喜ばないのはわかっていたし・・・。


大阪に着いたのは夜だった。

高田さんはユカの部屋でコーヒーを飲んだ後、帰っていった。

ユカは、荷物を片付けた後、トシちゃんに電話した。

『ただいまー。』

『おう。帰ってきたか。』

『めっちゃハードスケジュールで疲れちゃったよ。』

『おみやげは?。』

『こっめーん。買えてないねん。』

『えーっ。まっじー?・・。楽しみにしてたのに。自分だけ楽しんで白状なヤツやなぁ。』

『マカダミアチョコなんかいらんやろ?。』

『いらん。』

『じゃあ、ない・・・ごめん。』

『ふーん。今忙しいから、また電話するわ。』

『うん。わかった。じゃね・・・。』

人妻の本心ブログ

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

忙しいなんてウソ・・・。そうわかっていて“わかった”と言った。

トシちゃんにとって、物欲・性欲を満たさないアタシは用ナシなのだ。

ソレに気づきながらソレを認めたくないから、“わかった”と言った。

電話なんてかかってこないのわかっていながら・・・。


ブルースカイの海から、大阪のどんよりした空の下に戻り、現実に帰ってきたコトを実感した。


トシちゃんを好きという気持ちの終着点は悲しみ・・・。

どんなにアタシがトシちゃんを愛しても、そのレールは幸せのゴールへと切り替えられるコトはなく、つかの間の幸せや擬似の充実感を味わうだけだ。

それでも、その時が楽しければいいと思っていた。

後悔はしないし、トシちゃんに出会えて幸せだと思っていた。

でも・・・漠然と、コレでいいの?っていう疑問が湧き上がる。

ソレは、切なさから湧き上がったのか、あきらめから湧き上がったのかわからない。

プーケットの美しい景色を見て、心に変化があったのかもしれない。


ただ、今まで目をそむけていたコトを認めていくと、やはりコレじゃあいけないのでは・・・と思ってしまう。


トシちゃんは、アタシ自身を見てくれてはいない。

元彼女と似ているアタシの顔。

トシちゃんの物欲を満たすアタシの金銭面。

そして、呼べばいつでもきて、性欲を満たすオンナ・・・。

せいぜい、トシちゃんの中のアタシはこの程度の魅力だ。

(今、当時を振り返ってこう書いていても悲しくなる。)

しかし、その程度の魅力しかないコトは事実であり、事実を認めるコトが“悲しみ”から“幸せ”へとレールを切り替える唯一の手段ではないのか?と思った。

レールは誰も切り替えてはくれない。

自分で切り替えなくては・・・と・・・。


たかが恋愛・されど恋愛・・・。

オトコとオンナが恋愛するのは、ごく当たり前なコトだと思っていたが、この時期からユカは恋愛スランプに陥る。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/17  シアワセ向上委員会


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
翌日、出勤したアタシは、お昼休みに同期の仲間とランチをし、おみやげを渡した。

『どーだった?。楽しかった?。』

『うん。海がめっちゃキレイやった。リフレッシュしてきたよ。で・・・アタシは今日から新しい恋を探そうと思いまーす。合コンとかあったら、バンバン誘ってや。』

『えー・・・。合コン嫌いのユカが、どういった心境の変化?。トシちゃんは?。』

『うーん・・・。トシちゃんを好きでいても、この状況は変わらないと思うし、きれいな海見てリフレッシュしたら、シアワセになりたーいって目覚めちゃった。』

『まぁねー・・・。正直、ユカの話聞いてたら、よくそんな恋愛するわって思ってたんだよねー。』

『そーなん?。そーいうコトは早く言ってよ。言っても聞く耳持たなかったと思うけど・・・。まっ、どーなるかわかんないけど、みんなでシアワセになりましょうって感じ。今日から私はシアワセ向上委員会会長になるから。』

シアワセになる・・・。その難しさなんて、その時のユカは知る由もなく、みんなと笑いながらランチを食べた。

人妻の本心ブログ

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

本社勤務のアタシより4つ年上の加藤さんという男性がいた。

8月に同系列の会社からヘッドハンティングされ入社した人だ。

その人がアタシに好意を持ってくれているのは気づいていた。

食事にも何度か誘われたり、アタシが好きだと言った歌手のコンサートのチケットを持ってきて誘われたりしていた。

でも、アタシのタイプではなかったので、やんわりと断り続けていた。


10月に入り、営業会議で、ゲーセンに置いているUFOキャッチャーの中身をうちの会社でも扱うコトが決定し、その担当が加藤さんが決まった。

どんな種類のモノを何個・・・。ソレを決めるのは営業だが、発注管理するのはアタシの仕事だ。

その時期から、加藤さんが工場に頻繁に来るようになった。

シアワセ向上委員会会長のユカは、何回目かの加藤さんの食事の誘いをOKした。

『うん。ごはん食べに行きましょ。ぜひ連れてって下さい。』

『えっ?。ダメ元で誘ってんけど・・・。』

『今までいろいろ忙しかったから・・・。最近ヒマになったし・・・。ごはん行きましょー。まさか誘っといて今更断る気?。』

『とんでもないよ。やったー。やっと鈴木さんがOKしてくれた。』

無邪気にはしゃぐ加藤さんを見て、かわいいと思った。


翌日、会社の帰りに待ち合わせして、駅前の居酒屋に行った。

『お疲れさまー。』

ビールで乾杯し、やはりはじめは仕事の話から・・・。

『UFOキャッチャーの景品って、あんなに安い原価なんだ。ぼったくりだよねー。』

『いやいや、原価に航空費や諸経費合わせると、ぼったくりはないと思うけど。』

『懺悔していい?。この前入荷したぬいぐるみ、100ケ入りやったけど103ケ入ってたから1個パチってアタシの部屋に飾ってる。』

『えー?。でも、必ず多めに入れて来るから、1個くらいええんちゃう?。』

『またまた懺悔していい?。1個じゃないの。本社の友達にも時々回してる。ここだけの話ね。内緒だよ。加藤さんだから言うんだからね。』

『わかったよ。その代わり、口止め料に今度僕にも何か回してや。』

『うん。キティちゃんのぬいぐるみでいい?。』

『ソレは勘弁してー。』


ソコで、『オレがキティちゃん好きなの何で知ってんのぉ?。』と言うノリの人が好きだった。

トシちゃんならそう言うだろう。

比べてはいけないと思いながらも、頭の片隅にそんな思いがよぎった。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/18  勘違い


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
一通り料理が運ばれてきた頃、加藤さんに聞かれた。

『鈴木さん、彼氏いるの?。』

『彼氏はいないよ。』

『じゃあ、僕と付き合ってくれへん?。』

予想はしていたが、あまりにも早くストレートな言葉だった。

『すぐに返事しなきゃいけない?。』

『ううん。考えといて。僕は入社した時から鈴木さんに一目惚れしててん。っていうか、気づいてたやろ?。僕の気持ち。』

『ごめん。気づかなかった。アタシ、鈍感だから。』

ウソをついた・・・。

『聞いていいかなぁ・・・。アタシのどこを好きになってくれたの?。』

『一目惚れやから、まず顔。で、笑顔。明るいトコロ。いろんな人に気配りできてるし・・・。ほら、この前のみんなでの飲み会の時でも、お皿下げたり、灰皿変えたりしてたの、鈴木さんだけやったよ。僕、ずっと見てたんだ。』

ソレは、アタシが過去の水商売で身につけたコトが自然と出ただけの行為・・・。

そう思ったがそんなコトは言えない。

結局この人も、ユカの内面を理解せずユカを好きになったのか・・・。

人妻の本心ブログ
巨乳おっぱいフェチサイト【BoinBB.com】
巨乳フェチ映像を配信!巨乳フェチサイトBoinBB.com!
応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

でも、好きになるのに理由なんてないのはユカも知っている。

アタシがトシちゃんを好きになった時も出会った瞬間だったから・・・。


気持ちというのは、目に見えないから厄介だ。

『好き』と言われて悪い気はしないが、嬉しさよりも猜疑心の方が大きくなる。

“アタシのことロクに知りもしないのに、何で好きって言えるの?。”

今までは、自分から好きになった人としか付き合ってこなかった(高田さんは別で・・・)。

だから、好きの押し売りには免疫がない。

とりあえず、返事は保留のまま加藤さんと別れ、帰宅した。

どーしよーかなぁー・・・。付き合わなきゃわからない部分ってのは多々ある。

とりあえず、付き合ってみよっか・・・。

安易な考えでそう決めた。

この時のユカは、この人じゃないとダメ・・っていう思いはなく、シアワセにしてくれる人なら誰でもよかった。


今現在、この時のコトを振り返ると、簡単にわかる自分の勘違いも、この時のユカは気づくことなく、シアワセにしてくれる誰かを探し求めていた。


CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/19  油断


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
翌日、工場に来た加藤さんが2Fの事務所に上がってきた。

事務所にはアタシ一人だった。

『昨日はごちそうサマでした。昨日の返事、今していいかなぁ?。』

『えっ?。今?。』

『こんなアタシでよければ、お付き合いさせて下さい。』

『・・・・』

『加藤さん?。』

『鈴木さん、僕にだって心の準備が・・・。あー、びっくりした。でも嬉しいよ。こちらこそよろしく。』

人妻の本心ブログ

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

この瞬間から、コウジとユカの付き合いは始まった。

会社では二人の付き合いは当分内緒に・・・と決めたが、UFOキャッチャー絡みで二人でする仕事が多く、しょっちゅう一緒だった。

コウジの迅速な仕事ぶりや的確な判断など、頼もしく思え、ユカは毎日出勤するのが楽しかった。


コウジと居るとラクだった。

ユカのわがままを聞き入れてくれ、甘えさせてくれ、でも、間違ったトコロは正してくれる。

でもアタシは、コウジの前でオンナになろうとは思えなかった。

トシちゃんと会う時は、何度も鏡を見て化粧のチェックをしたり、髪が少しハネているのも気になったが、コウジの前ではそーいう気持ちにはなれず、恋人というより、お兄さんみたいな存在だった。

そーいう恋もあるのかな?。コレが愛に変わっていくのかな?・・・。

SEXすれば、関係も深まるかもしれない。そう思ったが、さすがにユカから誘うコトはできず、3週間が過ぎた。


週1~2回、仕事帰りに駅前の居酒屋で会うというのが手っ取り早いデートだったので、ソレを続けていたが、ある日コウジが

『ユカはソレでいいの?。』と聞いてきた。

『えっ?。』

『フツウ、女の子っていうのは、もっとおしゃれなお店に行きたいとか、おいしいモノが食べたいとかって言うんじゃないの?。』

『ソレはコウジの前の彼女のコト?。アタシはコウジと一緒なら、公園でコーヒーでもかまわないよ。


またウソが1つ増えた・・・。

おいしいモノは高田さんと食べに行っている。だから、返って居酒屋の方が気が休まる。

それに、梅田やみなみに出ると、高田さんやトシちゃんに遭遇する可能性もある。

だから、会社の近所の居酒屋でいいのだ・・・。

『でも、コウジが居酒屋ばっかじゃイヤなんなら、他のお店に行く?。』

『うん。やっぱり、ユカをいろんなトコロに連れていきたいし、今度は梅田まで足を伸ばそうよ。』

『わかった。じゃ、楽しみにしとくね。』

『なんか食べたいモンある?。』

『コウジが食べたいモンでいいよ。』

『ユカはやさしいなぁ。』

やさしいんじゃなくて、興味がないだけ・・・。

たいがいの料理は、高田さんと堪能している。

ごめんね、コウジ・・・。


コウジがセレクトしたのは、お寿司屋だった。

前の会社時代に接待でよく使ったお店らしい。

『いらっしゃい。加藤さんお久しぶりで。おっ、今日はプライベートですか?。』

ユカをチラッと見た大将が言った。

『うん。会社変わって・・・。もう接待はないよ。
仕事の話しながらじゃ、ネタの美味しさも味わえなかったけど、今日は存分に食べさせてもらうよ。』


『それはありがとうございます。で、何からいきましょ?。』

コウジが好きなモノを頼んでいいと言った。

ユカは、店内の水槽を泳ぐ魚を見てから、かわはぎのお造りを頼んだ。

『おっ、しぶいトコからいくねぇ。さてはいいトコのお嬢さん?。』

『ち、違いますよ。加藤さんと同じ会社の工場で働くしがないOLですぅ。』

油断していた。

高田さんと一緒にお寿司屋に行った時は、何気に水槽を見て注文していたが、その時もユカが頼むのは高価な魚ばかりで、高田さんに

『贅沢な頼み方するようになったなぁ。』

と言われていた。

習慣というモノは怖い・・・。

『かわはぎが大好きなんで・・・。それと、あとはお寿司お任せで握ってください。なんでも食べれます。』

無難にそう言った。

お寿司を食べながら、ダメ押しのフォローで

『やっぱり、回るお寿司とは全然違うよっ。おいしー。』

と加藤さんにはしゃぎながら言った。

回転寿司なんて行ったコトのなかったユカだったが・・・。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/20  将来の夢


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
コウジは、お寿司屋でお腹を満たしたアタシを、カフェバーに連れて行った。

静かでおしゃれなお店だった。

『お寿司、おいしかったね。』

『そう言ってもらえると嬉しいよ。』

『このお店もステキだし。』

『居酒屋ばかりじゃなくて、たまにはこーいうのもええやろ?。』

『うん。』

人妻の本心ブログ
お母さん.COM
応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

コウジは、飲みながら将来の夢を語った。

『これからは、目に見えないモノの時代がやってくる。人と人の触れ合いより、人は機会と触れ合うコトが主流になると思うんだ。そんな社会の子供達は、今よりもっとゲームにハマっていくハズや。』

『そんな時代はヤだな。人は人と触れ合うコトで、やさしさとか、人の痛みとかわかるんでしょ。機会で育った子供が大人になった時は、ゲーム感覚で戦争とか勃発しちゃいそう。』

『だから僕は、戦闘系のゲームは嫌いなんだ。子供の心を育てられるようなゲームを作りたい。』

『うん。コウジならできるよ。がんばってね。』

『ユカの夢は?。』

『アタシ?・・・。アタシは・・・』

水商売のお店を開く夢があったが断念した・・・なんて言えない。

今は夢なんて呼べるモノはない。

『アタシは・・・シアワセになりたい。』

『僕がユカをシアワセにするよ。』

シアワセ迷子のユカは、心の中で“そんなセリフ簡単に言わないでよ・・・。”と思ったが、コウジに悪意はないのだ。

『ふふっ。ありがと。』と笑顔で言った。


この日は、ミニスカートにブーツを履いていた。

カウンターに並んで座っていたコウジの視線が、やたらと太腿に突き刺さる。

この後は、ホテルかな・・・。

そう予感したアタシは、軽めのカクテルばかりを飲んだ。

初めての人とのSEXで、大胆になり過ぎるのを防ぐ為と、酔って名前でも間違えたら大変だから・・
・。

ユカの予感は的中し、コウジの手がユカの太腿に伸びてきた。

『この後、休憩しに行っていい?。』

やはり、コウジもオトコだ。

コウジとのSEXはどんなモノなんだろうって興味があったし、SEXするコトで二人の関係がより深まるかも・・・という期待もあったので、ユカはコクリとうなづいた。


バーを出たアタシの肩にコウジの手が回る。

二人は寄り添って、ホテルに入っていった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/21  別れ


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
部屋に入って、いつもなら率先してバスタブにお湯を入れに行くユカだが、この日は違った。

ホテルに慣れてない素振りで興味深そうにアタリを見回し、

『探検してくるネ。』

と言って洗面台やトイレのドアを一通り開けた後

『お風呂のお湯、入れとこか?。』

と言ってから蛇口を回した。


ソファに座って一服していると、コウジが横に座りキスしてきた。

ユカは持っていたタバコを灰皿に置き、コウジの肩に手を回す。

人妻の本心ブログ
巨乳おっぱいフェチサイト【BoinBB.com】
巨乳フェチ映像を配信!巨乳フェチサイトBoinBB.com!
応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

こーいうキスをする人なんだ・・・。

言葉では説明しにくいが、幼稚なキス・・・というか、唇で気持ちの表現をするのではなく、棒読みのセリフみたいなキス。

舌も入れてこないし、ずーっとフツウにキスしたまんま。

コウジもアタシの出方を見てるのかな・・・。


そう推測し、自分からは舌を入れず、フレンチキスを繰り返した。

コウジの手が服の上からユカの乳房に触れる。

ブラウスのボタンを外され、ブラのホックも・・・。

コウジの手がユカの乳房に直に触り、揉みしだく。

『あぁーん。』

ユカはわざと喘ぎ声を出した。

すると指は乳首を捕らえ、クリクリと回されたり、舌でペロペロと舐められたりした。

が・・・一定のリズムで揉まれたり舐められたり・・・。

このレベルじゃ、感じない・・・。

マニュアル通りというか機械的というか・・・。


正直、満足しない愛撫だった。

パンティを脱がされて、クリトリスを攻められても、痛いだけでなかなか濡れない。

Gスポットへの指の挿入などなく、ユカの作った喘ぎ声を感じてると勘違いしたコウジは、愛撫もソコソコにコンドームを付けた肉棒をユカの中に入れてきた。


ユカはずーっと平静だった。

感じたフリも、ウソの喘ぎ声もちゃんと出せるくらい・・・。


コウジは腰を何回振っただろう。

急にコウジの動きが止まった。

“まさか・・・もうイッちゃったの?・・・。”

まさか・・・だった。

肉棒と一緒に抜いたコンドームには、白い液が溜まっていた。

『ユカ、よかったよ。』

そう言ったコウジに微笑み返したユカだが、内心は

“このSEXじゃムリ。”だった。

合わないっていうのか、満足できないっていうのか・・・。



ホテルを出て駅までの道、手をつないて歩いたが、アタシの気持ちはコウジにはなかった。

“別れよう。”そう決心しながら歩いていた。

SEXすればコウジとの距離は縮まると思い込んでいたユカには、あまりにも予想外のSEXだった。


距離は縮まるどころか、かなり離れてしまい、コウジのコトをオトコとして見る術がなくなってしまった。


それから3日後、会社の帰り、コウジと駅前の居酒屋に行った。

『コウジ、ごめん。元彼から電話あって・・・。やっぱりアタシ、彼のコトが好きだわ。彼を忘れる為にコウジと付き合ったけど・・・。彼がヨリ戻したいって・・・。』

『・・・・』

『ホントにゴメン。コウジのコトは人として好きだし、これからも仕事のパートナーとして、友達として付き合っていけたらと思ってる。』

『・・・・わかったよ。好きな人の幸せが僕の幸せでもあるからね。僕じゃ役不足だったみたいだね。』

『ゴメンね。』

女優バリの名演技。こんな大ウソついてしまって、コウジ、ごめんなさい。

でも・・・“あなたのSEXに満足できないから・・・”なんて言えないし・・・。

傷付けないよーに必死で考えた別れの言葉です・・・。

こうして、コウジとは1ケ月持たずに終わった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/22  恋愛って・・・


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
コウジと別れたユカは、新たなシアワセを探す為に、工場にバイトに来ている大学生とのコンパを企画した。

年齢もユカと同年代で話もよくしてたし、前から

『コンパしようよ。』と言われていた。

バイトには5~6人が来ていて、そのうちの1番仲のよかった森君に声をかけた。

『森君、吉報だよ。コンパ、企画致します。本社の美女が集結します。どぉ?。』

『のったぁー。』

『じゃ、森君の友達連れてきて。バイトのメンバーだったら、アタシ、全員知ってるから、コンパにならないからさっ。』

こうして、大学生とのコンパは開催された。

女性は、アタシの同期のいつもの友達。

みんな、年齢が近いコトもあって、コンパは盛り上がった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

モモプリッ!
人妻の本心ブログ


当時流行っていた王様ゲームをしたり、2次会のカラオケでも3時間盛り上がりっぱなしで、みんな帰り際には声を枯らして終電に走った。

けど・・・アタシには学生はムリだと痛感した。

楽しいだけ・・・。薄っぺらい会話・・・。充実感がない。

友達関係や仲間なら、最高のメンバーだった。

だが、オトコとオンナの関係には発展する予感さえしなかった。

結局、みんなで楽しく飲んで騒いで・・・で、誰一人としてカップルになるコトなくそのコンパは終わった。


同期のマサミのツテで、商社マンとの合コンにも参加したが、ユカのタイプの人はいなかった。

その人達は、勘違いした自信過剰家達だった。

腕にはめている時計、乗ってる車、海外出張・・・。そんな自慢話は大キライだ。

自分に自信がないから、そんな付属品の話で自分の価値を上げようとしているのか。

アタシがしたいのは、もっとお互いを知る為の会話なのに・・・。


光沢のあるグレーのスーツを着たオトコが横に座って言ってきた。

『僕と付き合ったら、絶対不自由はさせませんよ。元彼女は、食べるのが大好きだったんで、よく急に北海道にカニを食べに行ったり、車を飛ばして三重に松坂牛を食べに行ったりしたもんです。』

『アタシは、食事というのは素材の味より、誰とどれだけ楽しい時間を過ごしながら食べるかが重要なんで・・・アタシは、元彼とのデートは、ほとんど居酒屋でしたよ。』


しばらくすると横に座った違うオトコが言ってきた。

『キレイな指をしてますね。どこの指輪ですか?。今度、オーダーメイドであなたに合う指輪をプレゼントさせて下さい。』

キザなセリフに鳥肌が立ちそうだった。

『この指輪は5000円ですよ。安いけど、このデザインがとても気に入ってるの。アタシには指輪の価値なんてわかんないし、コレで十分です。』

こんな感じで、ユカは大学生とのコンパに続き、商社マンとのコンパでもしっくりこず、一人寂しく帰宅していた。


マサミと、お見合いパーティにも参加した。

たしか女性は4000円くらいの会費制パーティだった。

アメリカ村のハズレで開催され、履きなれないヒールの高いパンプスを履いて電車に乗っていったユカは、足がくたくただった。

ソコに居たオトコは、いかにも遊んでる感じのチャラ男がセフレのナンパ目的できているか、真面目な堅物君が結婚相手を探しにきているか・・・という雰囲気だった。

アタシの目的は、どちらでもない。

恋愛ができる相手を探しにきているのだ。

チャラ男の『今から抜けて二人で飲みにいけへん?。』という誘いや、

堅物君の『僕の実家は・・・』とか『僕は次男で・・・』という会話に嫌気が差し、マサミに断って、一人タクシーで帰宅した。



恋愛するってむずかしいんだな・・・。

相手あってこその恋愛・・・。しかもお互いに相手に好意を持たないと、恋愛は先に進まない。

お互いが好意を持っても、相手のマイナス面をも受け入れられなければ、持続はしない。

そして、いくら一人でがんばっても、ゴールにはたどり着けない。

頭では理論的にわかっていても、恋愛は心でするものだから、思い通りにはいかない。

自分の気持ちを偽ってまでする必要はないし、しようと思って出来るモノでもない。

恋愛って・・・。恋愛って・・・。



トシちゃんを愛するコトに疲れ、誰かにシアワセにしてほしいと願うアサハカなオンナに、恋愛なんてできるハズがなかったが、この時のユカは自分のその欠点に気づいていなかった。


CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/23  天罰


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
そんなコンパライフと同時進行で、高田さんとは会っていた。

以前はほとんど毎日会っていたが、最近は週3~4日程度だ。

会えばいつものように食事をして飲みに行ってユカの部屋に帰ってきてSEX・・・。

トシちゃんとは・・・会うペースは月に1回くらいになっていた。

会いたいし、会えば嬉しかったけど、トシちゃんを好きでいる自分が行き着くゴールを自認してしまってからは、嬉しい気持ちと同じくらいツラクなってきた。

でも、トシちゃんの前ではそんな自分の気持ちは表現できない。

バレンタインデーには、欲しがっていたサイフとチョコをプレゼントしたし、身体を求められれば拒否はしなかった。

杉本課長とも、たまーにごはんを食べに行ってはSEXをした。

割り切りで・・・。


ユカは、心を閉ざしているのに、足は簡単に開くオンナになってしまっていた。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

フェチ・マニア専用「地下10階」

人妻の本心ブログ


こんなオンナに天罰が下らないワケがない。

予定日を過ぎても生理がこなかった・・・。

“まさか・・・”

まさかじゃなくて、ちゃんとした避妊もせずにいろんなオトコとSEXしたら、妊娠して当たり前だ。


生理予定日を過ぎて2週間後・・・。妊娠検査キットには、くっきりと陽性の印が刻まれていた。

目の前が真っ暗になった。

“誰の子?・・・”

それさえもわからず、ただただ呆然とその事実を受け入れ、心ではなく頭で気持ちの整理をした。

コレを心ですると、涙があふれてきそうだったから・・・。

何をしなければいけないか・・・。いろいろ考えたユカは、

高田さんだけにその事実を伝え、中絶同意書にサインを書いてもらった。


『ユカの体を傷付けてゴメンな。オレが代われるモンなら代わってやりたい。』

当初、キットの陽性を確認後、高田さんに『妊娠したかも・・』って告げた時、

『そんなはずはない。』

と言い切られた。

高田さんはほとんど外出しだったが、自信があったのだろう。

しかし、病院に行って中絶同意書をもらってきたユカに、ゴメンと謝った。

きっと、高田さんは自分の子供じゃないと思っているんだろな。

でも、すべてを受け入れて謝罪までしてくれたんだろな・・・。


高田さんに病院に付き添ってほしかったが、アタシ達は誰が見てもフツウのカップルでないコトは

一目瞭然だったので、高田さんを病院で好奇の目にさらすのは申し訳なく思い、前の日の前処置も、当日も、ユカは一人で行った。



大学時代、ヒロトの子供を中絶した時以来、2回目の中絶のせいか、自分自身はそれほど傷付かなかったが、命への罪悪感に捕らわれた。

アタシのフシダラな行動が、一つの命を葬る結果となってしまった。

ユカは再び、産婦人科の冷たい診察台の上で足を広げ、麻酔を打たれ機械的な眠りに入った。



子宮を空っぽにしたユカは、一人でマンションに帰宅した途端、涙が溢れてきた。

何やってんだろ・・・アタシ・・・。



シアワセになろうと暴走し、挙句の果てに妊娠・そして中絶・・・。

さすがのユカもおとなしくなった。

おとなしく・・・というより、自分が何をしたらいいのかがわからず、恋愛もできず、抜け殻状態だった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/24  温室


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
中絶以降しばらくの期間、高田さんは、ユカの身体を求めてこなかった。

アタシもその流れに任せ、SEXしていた時間分、飲み屋をハシゴするコトが多くなった。

いつも午前1時くらいまで飲んで、タクシーで帰宅。

シラフではいろんなコトを考えてしまい寝付けなかったから、けっこう酒びたりの日々だった。

お酒に溺れて、自分自身から逃げていたのカモしれないが、冬眠してたい心境を、無理やり奮い立たせて、恋愛には無縁のいろんな人と騒いでいた。

自分が何をすべきかもわからず、恋愛もできないユカには、みんなとワイワイ騒いで楽しくお酒を飲む時間で陰と陽の心のバランスを取っていた。


高田さんは、ユカの心の葛藤に気付いてか気付かずか、いつもどおりやさしかった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

モモプリッ!
人妻の本心ブログ

ユカにはソレがせめてもの救いだった。

きっと高田さんがいなければ、ユカはシアワセを求めてもっと暴走していただろう。

でも、高田さんとは愛人関係だし、ユカの心の隙間は埋めてくれても、恋愛感情を満たしてくれる存在ではなかった。

ただ、何も考えず、高田さんという温室の中で、やさしさに包まれて暖められながら、新しい芽が出るのを待っていたかった。


トシちゃんとは・・・だんだんと疎遠になっていった。

会えばSEXしてしまうから、誘いを断り続けた。

中絶したコトはトシちゃんには言わなかったので、

『好きな人ができたの。』とウソをついて・・・。


きっと、オトコは逃した獲物を追いたくなるのだろう。

『会社帰りにメシだけでもいけへん?。おごるで。』

トシちゃんからそういう誘いもあったが、メシだけでは終わらないのはわかっていたので、会えなかった。

つらかったし、苦しかったし、毎日心が空っぽだった。

トシちゃんが、アタシの身体だけでなく、心も受け入れてくれたら・・・。

そしたらアタシはシアワセになれるのに・・・。

何度もそう思ったが、叶わぬ願いとわかっていたので、言葉にはできなかった。


アタシと赤い糸で結ばれている人は存在するのだろうか・・・。

そんな不安や焦りが日々、ユカを襲った。


焦っても仕方がないが、大学時代の友達の結婚式ラッシュの時期と重なったコトもあり、披露宴に招待される度に、他人のシアワセを羨ましく思った。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/25  シアワセのゴール


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
そんな結婚ラッシュの中、会社の同期のミキの結婚式もあった。

アタシ達同期組は、披露宴に招待された。

純白のウエディングドレスに身を包んだミキが現れた。

『キレイだね。ミキ。』

『うん。めっちゃシアワセそう。』

同期の友達が会話してるのを聞いて、ユカは“シアワセそうって何?”と疑問を感じる。


ミキは、高校の時から付き合っていた彼氏と6年越しの恋を実らせ結婚した。

その間に彼氏の浮気は2回発覚。2回目の浮気の時は、ミキはアタシの部屋に泊まりにきて、朝方まで、相談に乗った。

人妻の本心ブログ

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

『許せないなら別れたら?。でも、浮気だよ?。大したコトじゃないと思うけど・・・』

そう言ったアタシに、ミキは

『大したコトあるよ。私を裏切ったんだもん。』

と泣きじゃくっていた。

純粋というか、オトコをわかっていないというか・・・アタシは内心そう思ったが、高校の時からわき目もふらずにずっと同じ人を愛し続けてきたミキをすごいと思った。

その一途な気持ちがあるからこそ、“裏切り”という言葉が出るんだろう。


『彼の心はミキを裏切ってはないよ。

性欲に負けちゃっただけだよ。

ミキの大きな愛で彼を許してあげたら?。

この6年間の信頼関係があれば許せるハズでしょ。

それでも許せなかったら、別れちゃえ。』


結局、ミキは彼を許し、今日に至った。


ミキの彼の浮気は、2回だけではなかったと思う。

ここだけの話、アタシも口説かれたコトがある。

結婚式の数ケ月前・・・浮気発覚から1ケ月後くらい経ったある日・・・、ミキとアタシとマサミで、コンサートに行った帰り、ミキの彼氏が車で迎えに来てくれた。

家まで送る順番的にアタシが最終になり、ミキの彼氏と二人、車に残った。

『ミキを泣かせちゃダメだよ。

浮気はバレないよーにするのがやさしさでしょ。

疑われても認めたらダメだよ。

自白して自分がラクになる分、相手が苦しむんだから。

自分で犯した罪は自分だけで背負わなきゃ。』


『ユカちゃんは物分りがいいね。

ミキはオトコの性がわかってないから困るよ。』

『ミキはそれだけ純粋に佐竹さんのコトを好きなんだよ。

ミキの純粋で一途な気持ちを大切にしてあげなきゃ。』

『ユカちゃんの気持ちは不純なの?。』

『アタシは・・・純粋には人を好きになれないかな。だからミキがうらやましい。』

『ふーん・・・。じゃ、バレないよーにがんばるよ。

だから・・・今からバレないようにホテル行けへん?。』

『ばっかじゃないのぉ?。ちゃんと家まで送って下さいー。』

『やっぱアカンか・・・。ユカちゃん、1回だけでええねんけどなー。』

『ダメに決まってるでしょ。ほら、次の信号右ねっ。』

本当に、オトコの下半身というのは、仕方のない生き物だ。

アタシ達のテーブルにキャンドルサービスに来たミキの笑顔はとてもステキだった。

目がキラキラ輝いていて、今までで見た一番ステキな笑顔だった。

『おめでとー。今日のミキ、めっちゃキレイやで。』

ユカは心からそう言った。


これがシアワセの形・・・?。

ふとユカはそう思った。


家庭を持ち、子供を産み、母になる。

もう、宿った命を葬るようなコトはしてはいけない。


結婚・・・。シアワセのゴール=結婚・・・?。

だんだんとユカはそう思うようになっていった。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/26  温泉旅行


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
漠然と“シアワセ=結婚”の絵図は出来たモノの、相手が居ないまま時間だけ経っていく毎日だった。


今までみたいに見つけ出そうというパワーもなく、ビビッという出会いもなく、ただ機械的に昼間は会社、夜は高田さんや友達と遊ぶ毎日だった。


桜の花が咲き始めた3月下旬、高田さんが言った。

『気晴らしに温泉でも行くか。』

『いいねー。温泉。ゆったり浸かりたいよ。』

単純に話に乗ったユカだったが、その温泉旅行は2泊3日で・・・と提案され、言葉に詰まった。

泊まりというコトは・・・SEXアリってコト?。

遠回しに、SEX解禁を意味しているのだろうか・・・。

あれから2ケ月が経っていた。

中絶以降、SEXしない生活に慣れてしまったユカは、1ケ月が過ぎた頃高田さんに求められたがその気になれず、

『子宮がいたいの。』

とウソをつき、そのままSEXをせず今まできていた。

そろそろ、再開しないと・・・ヤバイよね・・・。だってアタシは愛人だもん・・・。

頭の片隅で、そう思ってはいたが、ユカのわがままを受け入れてくれる高田さんのやさしさに甘えていた。

高田さんには感謝でいっぱいだ。

その恩は、アタシには身体でくらいしか返せない。

ユカは覚悟をし、その月の生理が始まって5日目から、ピルを飲み始めた。

人妻の本心ブログ

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

4月の週末・・・
飛騨高山に行った。

初めて訪れた場所だったが、自然に囲まれたとても緑のキレイなトコロだった。


高田さんの取った部屋は、和室・洋室両方ある広い部屋だった。露天風呂も付いていた。

窓を開けると、すぐ眼下に川があり、春のせせらぎが心を癒した。


その日旅館に着いたのは夕方だったので、まずは大浴場の温泉に入り、浴衣に着替えてから晩ごはんを食べた。

どれも美味しく、胃袋が満たされると気持ちまで満たされた。

夕食を食べ終え、近くを散歩した。

夜桜が満開で、とてもキレイだった。


“花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき”

林芙美子の言葉だったろうか?


ユカは桜と自分をダブらせてみた。

桜は木の枝に咲く花だから、人の目線より高いトコロから散り、自分の散り際を大勢の人に見られながらハラハラと舞い落ちていく。

木の枝から地面までの数メートル、自分が散っていくトコロを否応ナシ
に他人に見られる散り方はアタシには耐えられないだろう。

アタシの散り際は、どうなるんだろう・・・。

地面近くに咲いた花が人知れず花びらを落としていく散り方でありたいと思った。


部屋に戻ると高田さんが言った。

『露天風呂、入ろっか。』

『そだね。』

部屋のバルコニーに露天風呂があった。ヒノキで作られていて、周りの木々の新緑の香りも混ざり、空には満天の星がきらめいて、最高のシチュエーションだった。


覚悟してきたユカだったが、高田さんの前で裸になるのは久しぶりだったので、なんだか恥ずかしくて、バスタオルを巻いてお湯に浸かった。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/27  露天風呂で・・


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
少し熱めだったが、肌に吸い込まれるようなまろやかな天然水だった。

『あー、気持ちいいー。極楽極楽。』

お湯を肩や首にパシャパシャとかけなかがらユカは言った。

『ほんまやな。ええお湯や。』

『連れてきてくれてありがとね。』

『あの日以来、ユカ、空元気やったから・・・。この温泉で少しでも元気になってや。』

『お見通しだったのかぁ・・・。けっこう元気なフリしてたんだけど、バレてた?。』

『中絶のコトは、ホントに申し訳なかったと思っている。』


全てを見透かされてたワケではなかった。

高田さんは、アタシが中絶のショックから立ち直ってないと思っているようだった。

『そろそろ充電終了かな。更にパワーアップして、ユカ、ふっかーつ。』

そう明るくおどけると、高田さんはいきなりユカを抱きしめてきた。

『ホンマは産んでほしかった。オレの子として認知もしたかった。』

意外な高田さんの言葉に、ユカはとまどった。


ソコまで思ってくれてたの・・・?。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

モモプリッ!
人妻の本心ブログ

『でも、ユカにはユカの人生がある。だから、ユカの決断に任せた。』

すごく大きな愛に包まれてると実感した。

そして、高田さんは、その愛以上に大きな覚悟を持ってアタシと付き合ってるんだと思った。

高田さんの器の大きさに、人として惚れた。

ユカは自分の唇を高田さんの唇に重ねた。

『その気持ちだけで十分だよ。ありがと。』

巻いていたバスタオル1枚を隔てて、高田さんの肉棒が反応しているのがわかった。

『SEX・・・しよっか。』

ユカはそう言って、バスタオルをほどいた。


ヒノキの浴槽の段になっているトコロに高田さんが腰掛け、高田さんの膝の上に向かい合ってアタシが座った。

ちょうど、高田さんの顔の位置がアタシの乳房の位置だ。

高田さんの顔がユカの乳房に埋もれた。

舌で乳房を舐め回され、乳首を転がされる。

数ケ月ぶりの行為に、快感も倍増する。

乳首を軽く噛まれると、じっとしていられなくて、思いっきり身体をのけぞらせた。

『あぁぁーん。』

ユカは、自分の秘部が熱くなっていくのを感じていた。

温泉で温まった体とは別に、ジンジンと秘部だけが熱くなっていく。

高田さんの肉棒も大きくなっている。

ユカは、お湯の中に手を入れ、高田さんの肉棒をつかみ、自分の秘部へと押し当てた。

そして、腰を浮かせてイッキに中に挿入した。

『あー・・・。』

露天なので、あまり大きな声は出せない。

ユカは、できる限り声を殺して、喘いだ。

高田さんはユカをぎゅっと抱きしめ、激しく腰を動かし始める。

ひとしきりユカが喘いだ後、

『ユカ、上がろっか。』

そう言われ、湯船から出て、バルコニーの柱につかまり後ろから挿入された。


『イク・・・イクー・・・。』

ユカの言葉を合図に、高田さんの肉棒はユカから抜け、おしりに白い液がほとばしった。

そのままユカはへたり込む。

高田さんはお湯でその液を流してくれた後、

『もう1回浸かろっか。』

と言ってユカの手を取り、二人は再び温泉に浸かった。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/29  特効薬


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
翌日は、観光に出かけた。

滝の名所があるというので、山道を歩いた。

自然の香りが心地いい。

小鳥のさえずりも、おいしい空気も、落ち込んでいたユカには特効薬だった。

しばらく歩くと、ザーッという音が聞こえ、そこには高さ数十メートルから流れる見事な滝があった。


すごい・・・。感動した。

長い年月をかけ、形成された自然の産物。

すごい勢いで、迷いもなく滝壺へと流れ落ちる水に、自然の偉大さを感じた。

この自然に比べたら、アタシの心の中なんて・・・。


乗鞍スカイラインから、連なるアルプスの峰も見た。

絶景だった。

『来てよかった。』

ユカは高田さんに微笑んだ。

『やっとユカの笑顔がやさしくなったわ。』

『えっ?。』

『最近、作り笑顔ばっかりやったよなー。』

『おっしゃるとーりですぅ。』


お昼過ぎ、市街地に戻り昼食を食べ、お土産屋を回った。

夕方、旅館に戻って大浴場の温泉に浸かった後、夕食まで部屋でのんびりした。

その日の夕食の時は、けっこう飲んだ。

飛騨牛が美味しくて、赤ワインを何杯もおかわりした。

『美味しかったぁ。お肉もワインも。』

ご機嫌になったユカは、食事を終えた後、ベッドに横になった。

『散歩、行けへんの?。』

『うーん・・行くよ。けど、ちょっとだけ待って。

せっかくベッドルームがあんねんから、1回くらい横になっとかな、もったいないやろ?。』

ワケのわからない酔っ払いの言い訳をして、ユカはベッドから起きようとはしなかった。

『そんな色っぽい寝方してたら、襲うでー。』

そう言って、はだけた浴衣からのぞいていた太腿を撫でられた。

『いいよ。高田さんになら襲われても。』

ホロ酔い気分のユカがそう言うと、高田さんはアタシの上に覆いかぶさってきた。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

| HOME |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。