FC2ブログ

プロフィール

人妻ユカ

ユカ

Author:ユカ

アタシ、松本由香。 生まれた時から、非凡な人生を歩む運命だったんだと思うな。 ユカの人生をすべて知ってる人は誰もいないし、 墓場まで持っていこうと思ってたけど、 誰かに知っておいてほしくなっちゃって。 『オトコの履歴書』と題して、ユカの人生公開します。

最近の記事

最近のコメント

恋愛・エッチ相談

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

RSSフィード

--/--/--  スポンサーサイト


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/02/21  別れ


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
部屋に入って、いつもなら率先してバスタブにお湯を入れに行くユカだが、この日は違った。

ホテルに慣れてない素振りで興味深そうにアタリを見回し、

『探検してくるネ。』

と言って洗面台やトイレのドアを一通り開けた後

『お風呂のお湯、入れとこか?。』

と言ってから蛇口を回した。


ソファに座って一服していると、コウジが横に座りキスしてきた。

ユカは持っていたタバコを灰皿に置き、コウジの肩に手を回す。

人妻の本心ブログ
巨乳おっぱいフェチサイト【BoinBB.com】
巨乳フェチ映像を配信!巨乳フェチサイトBoinBB.com!
応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ

こーいうキスをする人なんだ・・・。

言葉では説明しにくいが、幼稚なキス・・・というか、唇で気持ちの表現をするのではなく、棒読みのセリフみたいなキス。

舌も入れてこないし、ずーっとフツウにキスしたまんま。

コウジもアタシの出方を見てるのかな・・・。


そう推測し、自分からは舌を入れず、フレンチキスを繰り返した。

コウジの手が服の上からユカの乳房に触れる。

ブラウスのボタンを外され、ブラのホックも・・・。

コウジの手がユカの乳房に直に触り、揉みしだく。

『あぁーん。』

ユカはわざと喘ぎ声を出した。

すると指は乳首を捕らえ、クリクリと回されたり、舌でペロペロと舐められたりした。

が・・・一定のリズムで揉まれたり舐められたり・・・。

このレベルじゃ、感じない・・・。

マニュアル通りというか機械的というか・・・。


正直、満足しない愛撫だった。

パンティを脱がされて、クリトリスを攻められても、痛いだけでなかなか濡れない。

Gスポットへの指の挿入などなく、ユカの作った喘ぎ声を感じてると勘違いしたコウジは、愛撫もソコソコにコンドームを付けた肉棒をユカの中に入れてきた。


ユカはずーっと平静だった。

感じたフリも、ウソの喘ぎ声もちゃんと出せるくらい・・・。


コウジは腰を何回振っただろう。

急にコウジの動きが止まった。

“まさか・・・もうイッちゃったの?・・・。”

まさか・・・だった。

肉棒と一緒に抜いたコンドームには、白い液が溜まっていた。

『ユカ、よかったよ。』

そう言ったコウジに微笑み返したユカだが、内心は

“このSEXじゃムリ。”だった。

合わないっていうのか、満足できないっていうのか・・・。



ホテルを出て駅までの道、手をつないて歩いたが、アタシの気持ちはコウジにはなかった。

“別れよう。”そう決心しながら歩いていた。

SEXすればコウジとの距離は縮まると思い込んでいたユカには、あまりにも予想外のSEXだった。


距離は縮まるどころか、かなり離れてしまい、コウジのコトをオトコとして見る術がなくなってしまった。


それから3日後、会社の帰り、コウジと駅前の居酒屋に行った。

『コウジ、ごめん。元彼から電話あって・・・。やっぱりアタシ、彼のコトが好きだわ。彼を忘れる為にコウジと付き合ったけど・・・。彼がヨリ戻したいって・・・。』

『・・・・』

『ホントにゴメン。コウジのコトは人として好きだし、これからも仕事のパートナーとして、友達として付き合っていけたらと思ってる。』

『・・・・わかったよ。好きな人の幸せが僕の幸せでもあるからね。僕じゃ役不足だったみたいだね。』

『ゴメンね。』

女優バリの名演技。こんな大ウソついてしまって、コウジ、ごめんなさい。

でも・・・“あなたのSEXに満足できないから・・・”なんて言えないし・・・。

傷付けないよーに必死で考えた別れの言葉です・・・。

こうして、コウジとは1ケ月持たずに終わった。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

<< 恋愛って・・・ | HOME | 将来の夢 >>

コメント

あきらサンへ
期待を裏切り、申し訳ないですぅ。
コウジとは終わってしまいました・・・。はやっ。

この時の私は、まだまだオンナでいたかったので、オトコとしての魅力のない人とは恋愛できなかったんだよね。


男の立場からすると、
このブログを読んで何か
複雑な気持ちを感じるな~。
自分の初体験の時の相手が
かなり経験豊富な女性で
セックスの時、
軽くあしらわれてしまったし、

今のかみさんに「下手」とか
いろいろ言われて
男のプライドのために
必死でセックスを研究したし(笑)

この彼も多分必死だったと
思うな。

でもユカさんの経験が勝ってしまった
んだよね。悲しいけど現実だった。

で、今のご主人さんに行き当たるまで
あとどれくらいあるのだろう?

あきらサンへ
奥さんはエライですね。
私は、コウジのSEXを指摘する勇気はなかったし、改良しようとも思わなかったもん。

ただ、ムリ・・・と思ったんで付き合えなかった。

きっと奥さんにとってあきらサンは、それ以外にそれを上回るステキなトコロがいっぱいあったんでしょうね。

主人との出会いは・・・もうすぐかな?・・・。もうちょっとかかるかな?。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/22 17:28

-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/22 18:51

-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/27 18:55

-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/28 12:06

-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/28 14:13

-

管理人の承認後に表示されます

2008/02/28 14:30

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。