FC2ブログ

プロフィール

人妻ユカ

ユカ

Author:ユカ

アタシ、松本由香。 生まれた時から、非凡な人生を歩む運命だったんだと思うな。 ユカの人生をすべて知ってる人は誰もいないし、 墓場まで持っていこうと思ってたけど、 誰かに知っておいてほしくなっちゃって。 『オトコの履歴書』と題して、ユカの人生公開します。

最近の記事

最近のコメント

恋愛・エッチ相談

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

RSSフィード

--/--/--  スポンサーサイト


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2007/12/08  大人の言い分


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
急いでドアを開けると、マミとマミの彼が立っていた。

『どしたの?。入って。狭いけど。』

ヒロトを起こし、布団をたたんで隅にやり、スペースを作った。

『あっ、ヒロトさんもいるんだ。ヒロトさんの前では
言いにくいねんけど・・・。』

『まさか、うちの親?。』

『うん・・・。』

マミの話によると、アタシ達がいなくなってから数日後、
大学の方からマミに呼び出しがあったらしい。

ヒロトのお母さんがヒロトの交友関係を調べ、
ユカのマンションにも行ったが夜になっても
連日灯りもついてない・・というコトで、ヒロトとユカは
一緒だと判断し、学校側にユカの交友関係を調べさせ、
マミが呼び出されたらしい。

マミは『知りません』と言ってくれたが、ヒロトの母は、
学校側にユカと交友がある生徒の住所と電話番号を聞きだし、
昨日、マミのトコロにヒロトの母親から電話がかかってきたらしい。


『渡辺ヒロキの母です。ヒロキが鈴木ユカさんと居なくなったことは
察しがついています。こういう時、女は必ず友達に相談してから
決断するものなの。あなた、ユカさんがどこに居るか知ってる
わよね?。』

『知りません。私もユカと連絡が取れなくなって、心配してるんです。』

『じゃあ、ユカさんは誰に相談したのかしら?。
リカさん?。ジュンコさん?アキさん?。』

ユカさんのお友達に全員聞いてみるしかないわね。』

ヒロトの母の敏腕な口調に、マミは怖くなった。


『ユカとヒロトさんが一緒かどうかわからないじゃないですか。
私からみんなにさり気なく聞いてみますから、
事を大きくしないで下さい。』

そのセリフにヒロトの母はマミは何か知っていると悟ったのか

『じゃあ、あなたからの連絡を待つわ。
もし何の情報も得られなかったら、あなたのご両親にも連絡して
子供が隠し事をするなんてどういう育て方をしたのかお伺いしなきゃね。』

そう言って電話を切ったという。

その後、リカからマミに電話があり、ヒロトの母はすでに
マミに言ったのと同じセリフをリカにも電話していたらしい。

大学内でも、ヒロトとユカのことは少しずつウワサに
なっているとのことだった。

『何でアタシの友達を・・・。ごめんね、マミ。迷惑かけちゃって。』

『私も今後ヒロトさんのお母さんにどう返事したらいいか困っちゃって。
ユカに相談しに来てん。』

『マミちゃんごめんな。オレの親、怖かったやろ?
イヤな思いさせてゴメンな。オレがカタつけるか
ら。もうマミちゃんはかかわらんで済むようにする。』

ヒロトはキッパリそう言った。

2時間程話をした後、マミ達は帰っていった。

アパートに電話も置いてなかったので、わざわざ来てくれて、
本当に感謝した。

二人きりになると、ヒロトは言った。

『そーいう家やねん。オレんち。代々の会社を親族が引き継いでやってて、
親の言うことは絶対なんや。それに耐えられへんかった。
だから何もかも捨ててでもオマエと新しい生活をスタートさせたかった。』

『ヒロトの気持ちはわかるけど、周りに迷惑かけてまでは・・・
こーなるなんてびっくりしたけどね』

『オレ、家に電話してくる。』

ヒロトは公衆電話をかけに行った。

15分くらい待った頃、ヒロトは帰ってきた。

『明日、オカンがここに来る。来て話する。』

『えーっ。ここに?。私、出かけてていいよね?
まずはヒロトとお母さんで話してよ。』

『ユカにも話あるから居ろって。』

『まじっ?。』


ヒロトのお母さんとは家に電話した時何回か電話に出たので
話はしたことあるけど、苦手なタイプだった。
居ろと言われたら居るしかない・・・か・・

ユカは会う覚悟を決めた。

CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

<< オンナの対決 | HOME | 同棲生活 >>

コメント

このあとの話の続きは、
ヒロトのお母さんが、ユカさんに
「あなた!
うちの大事な子をよくもだましてくれたわね。
かわいそう~に、ヒロト!
目を覚ましなさい!」
なんて言って、すべて責任をユカさんに
押し付ける。
なんて勝手に想像しています。


ハハハ、想像は当たってるかな?。
この時のコトは、今思い出しても屈辱だわ。

まあ20歳の女性と、
いろいろ経験を積んだ母親だったら
普通はかなわないよね。

でもユカさんの彼氏は、
全然親離れできてないね。

オレの親もそうだったけど、
親は子供の人生のレールをひきたがる
ものだんだと思う。
でもそれに反抗したり、また乗り越えたりして
子供は親離れしたり、また親も子離れをしたり
するんだよね。

さて、女対女の対決はどうなるのか、、、、。

おっしゃるとーり。
でも、20歳のアタシは、そんなコト気づきもしなかったけど。
大人になった今、こうやって過去を振り返って文章にしてる時、“あの時はもっとこうしとけば・・”ってもどかしく感じるコトも多々あります。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。