FC2ブログ

プロフィール

人妻ユカ

ユカ

Author:ユカ

アタシ、松本由香。 生まれた時から、非凡な人生を歩む運命だったんだと思うな。 ユカの人生をすべて知ってる人は誰もいないし、 墓場まで持っていこうと思ってたけど、 誰かに知っておいてほしくなっちゃって。 『オトコの履歴書』と題して、ユカの人生公開します。

最近の記事

最近のコメント

恋愛・エッチ相談

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

RSSフィード

--/--/--  スポンサーサイト


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/01/04  秘書の仕事として


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
5月中旬、ゲームメーカーの新作のショーが東京で開催された。

例年、社長と専務が行っていたが、ショーの前日に社長の子供が盲腸になり、専務は入院付き添いの為、代わりに秘書のアタシが同行するコトになった。

ショーは2日間あるので、1泊しなければいけない。

急に言われても、ショーに着ていく服なんかない。

仕方なく、数年前に大学の入学式で着たグレーのスーツを着ていった。

常務の車で伊丹空港まで送ってもらい、東京に着くと、タクシーでホテルに向かった。

ホテルの予約は、社長と専務は夫婦なのでツインを1室取っていたが、シングルを2室に変えてもらった。

部屋に着いて荷物を置くと休む間もなく社長とショー会場へ向かった。

すごい人だ。

所狭しとゲームの新作を映し出すモニターが並べられ、広い会場も数百人の人でごった返し、社長に、はぐれないように付いて回るのが大変だった。

『おぅ、お久しぶりです。』

『どーも、どーも。お世話になっております。』

社長はこんな会話を何十回と繰り返し、その度にユカは名刺を差し出し

『秘書の鈴木と申します。』

と、作り笑顔で挨拶をした。

パンプスで歩き周り、足もくたくただった。

夕方、一段落した時、社長がアタシに言った。

『鈴木さん、明日もそのスーツ?。』

『はい。これしかありませんので。』

『じゃ、今から買いにいこう。秘書が2日もそんなスーツ着てたら恥ずかしいし。』

『えっ?。あっ、すみません。これ、大学の入学式の時のなんです。急に決まったから、こんなのしかなくて・・・。』

水商売向けのスーツならたくさんあるけど、会社絡みの行事には地味な方が好ましいと思ったが、ちょっと地味すぎたらしい。

銀座まで出て、とあるブティックの前でタクシーを降りた。

社長は店の中へ入ると、店員に

『この子に合うピンクのスーツ探して。』

と言った。

“ピンク?。勘弁してよぉ・・・”って思ったけど、反論はできない。

7号のスーツを何点か出してもらって一番淡い色のピンクを選んだ。

中に着るブラウスは社長が選び、襟のフリフリした、ユカが絶対選ばないようなデザインのモノを持ってこられた。

ブラウスとスーツを試着して鏡を見たが、ユカのキャラとはかけ離れた女に変身した自分が鏡に写っていた。
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
もし内緒にできる!と約束していただけるなら、
ユカが紹介する、いい男に愛される女になる秘訣を
お教えするのですが・・・

女性たちにモテるいい男たちから話を聞き、
いい男が彼女にしたいと思う女性
どうすれば心をつかむことができるのか・・・

その全てをついに公開します。
いい男の心を独り占めにできる恋愛法則
∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
社長はレジで精算を済ませた。

『自分のポケットマネーから出すから、専務には内緒にしとくように。』

『はい。承知しました。お手数おかけしてすみません。』

『夜、他の会社の人と食事するけど、同行するよね?。』

『はい。同行させて頂きます。』

ホントは部屋に戻ってゆっくりしたかったけど、断るワケにもいかず、了解した。

『じゃ、そのスーツ着てね。』

ソレは、仕事の範囲を超えた指示では?と思ったけど、従うしかなく、ホテルの部屋に戻ってピンクのスーツに着替え、ロビーに降りた。

食事をしたのは、タクシーで10分くらい走ったところにある日本料理屋だった。

社長とアタシがお店に入ると、奥の座敷に通された。

部屋には、ショー会場で見た男の人が二人、先に座っていた。

『お待ちしてましたよ。さっ、どうぞ。』

社長とアタシはテーブルに着いた。

二人は、液晶モニターのメーカーの人だった。

名前は、もう忘れてしまった。

私以外の3人は仕事の話で盛り上がり、アタシは会話に入ることができず、お酌係りだった。

それでアタシを呼んだんだ・・・。

妙に納得しながら、でもその時のユカの仕事は3人にお酒を注ぐことしかなく、笑顔でそれに徹した。 CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

<< レイプ | HOME | 新年のご挨拶 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。