FC2ブログ

プロフィール

人妻ユカ

ユカ

Author:ユカ

アタシ、松本由香。 生まれた時から、非凡な人生を歩む運命だったんだと思うな。 ユカの人生をすべて知ってる人は誰もいないし、 墓場まで持っていこうと思ってたけど、 誰かに知っておいてほしくなっちゃって。 『オトコの履歴書』と題して、ユカの人生公開します。

最近の記事

最近のコメント

恋愛・エッチ相談

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カウンター

カテゴリー

リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のトラックバック

QRコード

QRコード

RSSフィード

--/--/--  スポンサーサイト


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

2008/01/21  エロいセックス


アナタの暖かいクリックで
ユカは明日も頑張れます。→
ブログランキングへ


にほんブログ村 女の本心恋愛ブログ
アタシも、ホントにイヤだったら、ベッドから出れたハズだ。

大声で『やめて』って言えたハズだ。

でも、あの時のユカは、拒絶するより、この人はどんなSEXをするんだろ・・って興味の方が大きかった。

『ダメですよ、課長・・。あっ、やめてください。』

自分で言った言葉にMの血が騒ぐ。

『あっ、ダメ・・・。課長・・・。』

すでに感じ始めている身体とはウラハラに、ダメ・・という理性のカケラ。

このシチュエーションにMを感じ、たまらなくSEXしたくなった。


課長の唇とユカの唇が重なった。

意外とやさしいキスだ。


アタシは遠慮気味に課長の肩に手を置いた。

理性のカケラが邪魔して、首に手を回す大胆さはなかった。

課長がアタシのブラウスのボタンを外し、ブラのホックを外す。

このヘンは慣れた手つきだと思った。

大きな手で、ユカの乳房全体を包み込むように揉まれた。

たぶん、課長もアタシの様子を見ながら、遠慮気味なんだろうな・・って思った。

アタシが軽く透明の喘ぎ声を漏らすと、課長の指は乳首を攻め始めた。

『あ・・ん。』

その声を聞いた課長は今度は舌で乳首を攻め始めた。

二人共、だんだんと理性を忘れて快感を求めていった。

応援ポチッとお願いネ!→ブログランキングへ


↓人妻のおっぱい↓


人妻の本心ブログ

課長の指がユカのスカートをたくし上げてパンティのヒモに到達した。

コレも慣れた手つきでほどかれ、少しの躊躇もなく秘部を触ってくる。


もう課長は割り切りモードなんだ・・・。

そう思うとユカも、課長のトランクスの上から肉棒をやさしく触った。

すでに太く固くなっていたソレは、ユカが触ると一瞬ビクッと動いたが、すぐに硬さを増していくのがわかった。

課長はトランクスを脱ぐと、

『しゃぶって。』

と言ってきた。

ユカは無言で課長の肉棒をペロッて舐めた。

その後は、課長の顔を見ながら、丁寧におしゃぶりした。

『いやらしい目つきで舐めるよな。』

『割り切りだからだよ。普段は目はつむってるもん。』

課長はユカを仰向けに寝かせると、ユカの秘部の奥に指を入れてきた。

Gスポットの攻め方が上手い。一発でユカの一番感じるトコロを探し出し、イッキに攻められた。

『あっ・・・あ・・ん。気持ちいい・・・。』

『オマエ、想像通りエロいわ。』

『だって・・気持ちいいんだもん。課長、今入れて。』

Gスポットに快感がある今、肉棒を入れてほしかった。

そんな注文、トシちゃんにも高田さんにもしたコトないけど、なぜか課長には思ったままを言えた。

課長はユカの膣から指を抜くと、代わりに肉棒を押し当ててきた。

入り口でじらしてきたので、ユカは自分から腰を近づけて無理やり入れた。

『あーん。』

課長のカチカチの肉棒は、ユカの身体に快感を走らせた。

腰を振ったり円を描くように回したり、カチカチの肉棒は、ユカの膣の中でいろんな動きをしてユカを感じさせてくれた。

バックで突かれた時には、脳天まで快感が走り、

『もっと突いてー。』と何度もお願いした。

快感を求めたいという目的が一緒の相手だったので、羞恥心や理性は消え去り、大胆に本能の思うままに言動できた。

そして、割り切りのSEXを堪能した。
CLICK HERE FOR FC2 Blog Ranking
Ranking

─∞─∞──────────────────────∞─∞─ 恋愛悩み事、エッチ悩み事相談

ユカからの、お知らせです。
あの男性からどう思われているのか知りたい。
どうやったら告白出来るのか。あこがれの彼に抱かれたい。等々
恋の悩み、愛の悩み、そしてエッチの悩みまで「カウンセラーユカ」が
ズバリとお答えします。
左の相談フォームで、お気軽にお問い合わせ下さいね。
─∞─∞──────────────────────∞─∞─

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

<< 割り切り | HOME | セックスする意味 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


-

管理人の承認後に表示されます

2008/01/25 17:42

-

管理人の承認後に表示されます

2008/01/28 19:30

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。